BATTLESHIP

2012年
監督:ピーター バーグ
脚本:ジョン ホーバー/エリック ホーバー
製作総指揮:ジョナサン モーン/ブレイデン アフターグッド
編集:コルビー パーカー jr/ビリー リッチ/ポール ルベル
音楽:スティーヴ ジャブロンスキー

おこがま採点:74点

 
仕事も無く、家も無く、車も無いTAYLOR KITSCH演じるアレックス ホッパー。

彼は自分の誕生日にBROOKLYN DECKER演じるサムを軟派するのですが、
この軟派が警察が介入する程の大事になった。

誕生日だというのにトラブルを起こすロクデナシのアレックスを更生させる目的も含め、
ALEXANDER SKARSGARD演じる兄、ストーン ホッパーは自らが在籍する海軍への入隊を口利きする。

軟派した女性サムがLIAM NEESON演じる海軍提督シェーンの娘という事実を知り、
結婚の許しを得る為にもアレックスは海軍へ入隊する事に。

そんな事から時は経ち、舞台は2012年、ハワイのオハフ島。

アメリカ海軍主催による太平洋海軍合同演習(通称RIMPAC)が開催されるが、
頭は良いのに決断力や行動力、チームワークに問題ありと判断されてしまっているアレックス。

14ヶ国が参加するこの演習で、
アレックス含むアメリカ海軍は親善試合として日本チームとサッカーをするが、
ここでも浅野 忠信演じるナガタと問題を起こして了い、
RIMPACの終了をもってアレックスは海軍解任を宣告される。

そんな状況の中、アレックスは駆逐艦ジョン ポール ジョーンズ号に乗船する。

兄ストーンが指揮官となり、彼は駆逐艦サンプソン号に乗船。

そして日本の艦隊みょうこうで指揮を執るのは当然ナガタだ。

合同演習が始まって間もなく、突如宇宙から謎の飛行物体が5つ飛来する。

そのうち1つは人工衛星とぶつかり、香港を中心として隕石の雨となり、街は地獄絵図に。

残りの4つはアレクッス達がいるオアフ島を軸に海へ落下。

この突然の出来事に、落下地点に程近い上記の3隻に対してシェーン提督は調査を指示した。

ボートに乗り、落ちて来た超ハイテクな物体にアレックスが触れた途端、ソレは活動を開始する。

物体の1つが周囲をバリアで覆い、バリア内にジョン ポール ジョーンズ、サンプソン、
みょうこうの3隻が取り残されて了った。

事態は超ハイテクな異星人VS超ローテクな地球人という構図を取る事になり……

どうも皆様こんにちは。

こんなしょうもない私のブログにお越し頂きありがとうございます。

さて、現在公開中で話題沸騰のバトルシップを昨日観てきました(^ヮ^)/

リンクさせて頂いている前田 有一さんもおすすめとして挙げていた本作。

ユニバーサル100周年記念作品だけあって、娯楽も娯楽な作品に仕上がっていましたね。

私の綴ったあらすじ以前に、アメリカは地球と似た環境の星を探し当て、
その星に向けて信号を送っているという件があります。

今回の宇宙人の飛来はその信号が元でやって来たという推測が途中流れ、
更にアメリカが今までオアフ島のアンテナ基地を使用していたので、
宇宙人はソレを狙って飛来してきたという話になります。

あっという間にアンテナ基地は占領されてしまい、今回飛来した敵は只の偵察部隊であり、
このアンテナ基地を利用して更に仲間を呼び込むつもりという展開になっていきます。

まあ、この辺の事情は人間にも当て嵌まるところで、資源を貪り、枯渇してきたら次の資源豊富な土地を探すという、
今の尖閣問題にも少し共通する話題&よくある設定な話ですね(´;ω;`)

トランスフォーマーに携わった会社が絡んでいるので、
エネミー達のハイテクぶりはとんでもないクオリティーに仕上がっています。

エイリアンサイドの兵器でヨーヨーみたいな形のローラーボールが登場するのですが、これが超凶悪。

ハイスピードで滑走し、文明機器であろう物はとことん破壊していくというチートっぷり。。。

このローラーボールにヘリや戦闘機は破壊されまくり、更に高速道路をも陥没させる始末。

このヤンチャなハイテク兵器を観ていて、
私は例の如くジョジョの奇妙な冒険に登場する吉良 吉影のスタンドから繰り出される
シアーハートアタックを思い出してしまいました(´;ェ;`)

終始エイリアンがこのシアーハートアタックだけを使っていたら、地球はあっという間に侵略されていた事でしょう(´Д⊂

個人的には起承転結の起の部分が間延びした感じだったので寝そうになってしまいました。。。

只、宇宙人が飛来して来てからはそんな眠氣を吹き飛ばす程の怒涛な展開。

5つの未確認飛行物体を映し出しているレーダーの形などは、
ドラゴンボールのギニュー特選隊を彷彿とさせる陣形
(着地に失敗したのはおそらくグルド的ポジションのエイリアンでしょうΣ(°Д°;)

本作観ていて感じたのは、話の創りはインデペンデンス デイ、香港の隕石シーンなんかはアルマゲドン、
といった印象(私のこの感想はパンフの冒頭を綴っている方も同意見の様です)

大層なバリアを張る事が出来る超テクノロジーを持っているのだから、
攻撃する本体にも同じバリア張って戦えよ!!

という心の中のツッコミは御愛嬌。
(前田さんは、人間が編み出した兵器でも宇宙人を破壊出来るというパワーバランスが絶妙、
という様な感想を綴って居りましたが……)

この辺は十人十色の考え方があるので、
そういった意味でも人によって同じ映画でも感想が千差万別というのはやはり面白いですね!!

圧倒的に科学力の差があるので、1ミニッツでイナーフだ、と思いきや、エイリアンにも慈悲の心があるのか、
敵意を向けられなければ攻撃しないという、なんとも日本国憲法第9条に則った様な心意氣( ゚д゚)

更に、昨今の北朝鮮のミサイル迎撃含め、
ミサイル撃ち落としには相当難しいスキルが要求されるであろう芸当を宇宙人のハイテク兵器に対して高確率で行うRIMPACサイド。

う~~~ん、人間のとんでもない底力、生への渇望をまざまざと見せ付けられましたね。

因みに、北朝鮮のミサイルネタは本作の1シーンにも出て来るので、その辺もチェックしてみて下さい(*゜▽゜*)

一緒に鑑賞したカミさんはこの北朝鮮ネタを観て、
「どこの国も北朝鮮に対するイメージが一緒でワロタ」とほくそ笑んでいました(*・з・)

色々とツッコミ所もありますが、超娯楽大作という仕上がりを考えれば細かい事はまあいいか、
という氣持ちになってしまう映画でした(´・ω・)y

しかしリーアム ニーソンは相変わらず渋いおっちゃんですね(o^冖^o)

先日のスター ウォーズのファントム メナスの時といい、リーアム ニーソンカッコイイです!!

それと、エンドロール後にはボーナスクレジットも用意されていますので、
早々に退席せず是非ニヤリなボーナスエンドも御覧になってみて下さいね(。・∀・)y

最後に本作にはアレックスの部下としてRIHANNA演じるレイクスが登場するのですが、
良い味出していましたね!!

アンブレラのPVでしかリアーナを見た事がなかったので、ガッツリ活躍する彼女の姿も印象的でした。

今年のサマーソニックにリアーナ来るみたいなので、生のアンブレラを聞いてみたいところなのですが……

訳あって今年のサマソニは見送る方向になりそうです。。。

あーーーー、今年のサマソニも熱そうだなーーーーー!!!

しかも、リアーナと一緒にジャミロクアイも同じ日なんですね(◎皿◎)

 

【Amazon.co.jp限定】バトルシップ Blu-ray & DVD スチールブック仕様(デジタルコピー付)(完全数量限定)