Tag: 60~69点

YOU’RE NEXT

2013年
監督:アダム ウィンガード
脚本:サイモン バレット
製作:キース コルダー/ジェシカ ウー/サイモン バレット/キム シャーマン

 

おこがま採点:65点

『サプライズ』

ベッドを激しく軋ませファックする中年男と若い女。

事が終わると、男は一人シャワーを浴びに向かう。

女は黒い下着をはき、青いシャツのボタンを留める事なく半裸状態で階下へと歩いて行く。

音楽を流す為、リヴィングの大きな窓ガラスに背を向ける女。

背を向けたタイミングで、外からライトの光が家を照らす。

一瞬の明るさに氣付き振り向くも、外に在るのは闇だけだ。

不審に思い、窓へと近付く。

開いていた窓から外を覗くと、スプーンとフォークを垂らして作った風鈴が揺れている。

外を注視しつつリヴィングの窓を閉める。

氣を取り直してオーディオにCDをセットする。

曲を聞き乍らアルコールをオレンジジュースで割り氷を添える。

リビングのソファーに座り、其れ(スクリュードライバー?)で喉を潤す。

すると今度は外から、車のヘッドライトが部屋の中に流れ込んだ。

ヘッドライトに氣付き振り向いた女は……

THE SHAPE OF WATER

2017年
監督:ギレルモ デル トロ
脚本:ギレルモ デル トロ/ヴァネッサ テイラー
原案:ギレルモ デル トロ
製作:ギレルモ デル トロ/J マイルズ デイル
製作総指揮:リズ セイアー

 

おこがま採点:68点


1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、密かに運び込まれた不思議な生き物を見てしまう。アマゾンの奥地で神のように崇められていたという“彼”の、奇妙だがどこか魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子どものころのトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。言葉とダンスに手話、そして熱い眼差しでふたりの心が通い始めた時、イライザは“彼”が間もなく国家の威信をかけた実験の犠牲になると知る――。

(パンフレットより引用・抜粋)

THE CLOVERFIELD PARADOX

2018年
監督:ジュリアス オナー
原案:オーウェン ウジエル/ダグ ユング
脚本:オーウェン ウジエル
製作:J J エイブラムス/リンジー ウェバー
製作総指揮:トミー ハーパー/ロバート J ドアーマン

 

おこがま採点:65点

“政府によると世界のエネルギー資源は5年以内に枯渇します”

“宇宙ステーションは本日完成。危険な実験を行うために設計されています”

“軌道上の実験室にあるシェパード粒子加速器が宇宙飛行士より起動されればエネルギーを生み、
地球のエネルギー危機を永久に解決する”

“フランス当局が発表する新エネルギー配給規定は……”

faces in the crowd

2011年
監督:ジュリアン マニャ
脚本:ジュリアン マニャ
製作:ジーン=チャールズ レヴィ/ケヴィン デウォルト/クレマン ミゼレ

 

おこがま採点:61点

『フェイシズ』

アンナ マーチャント(MILLA JOVOVICH)は仕事と恋の両方に満たされ順風満帆な人生を歩んでいた。

テレビをつけ、フィスブックをノートパソコンでチェックするアンナ。

するとテレビアナウンサーが、こんなニュースを語り出した。

「イーストサイドを脅かす連続殺人犯“涙のジャック”。5人目の犠牲者が今朝、発見されました。新情報が入り次第、お伝えします」

特段ニュースに関心を払う事なく、アンナはこの日も仕事場である幼稚園へと向かう。

仕事を終え、女友達2人と共にBARで御酒を楽しむアンナ。

楽しい時間を過ごし、アンナは一人、歩いて帰路へと就く。

帰り道の途中、工事中の橋へと差し掛かった。

工事現場に作業員は誰もいない。

只、現場の影に隠れて男と女が体を寄せ合いファックに及ぼうとしている。

氣まずい状況を目の当たりにした為、歩みを早め其の場を立ち去るアンナ。

だが次の瞬間。

後方から刃物で何かを切り裂いた様な鋭い音と一瞬の悲鳴がアンナの耳に届くのだった……

STAR WARS EPISODE 8 – THE LAST JEDI –

2017年
監督:ライアン ジョンソン
脚本:ライアン ジョンソン
原作:ジョージ ルーカス
製作:キャスリーン ケネディ/ラム バーグマン
製作総指揮:J.J.エイブラムス/ジェイソン マクガトリン/トム カルノースキー

 

おこがま採点:63点


茲最近、話題にしている事もあり。
STAR WARS EPISODE 8 – THE LAST JEDI -を。
早速、観て来ました。

1 / 1812345...10...最後 »