Tag: 2010年代

ニンジャバットマン

2018年
監督:水﨑 淳平
脚本:中島 かずき
原作:DCコミックス

 

おこがま採点:70点

『BATMAN NINJA』


現代の犯罪都市ゴッサム・シティのスーパーヴィランたちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本へ。

戦国大名となったスーパーヴィランたちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう!

絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは日本と世界の歴史をかけて、時空を超えた壮大な戦が幕を開ける!

(パンフレットより引用・抜粋)

【●REC】3 GENESIS

2011年
監督:パコ プラサ
製作総指揮:フリオ フェルナンデス/カルロス フェルナンデス/アルベルト マリーニ
脚本:ルイソ ベルデホ/パコ プラサ

 

おこがま採点:10点

結婚披露宴当日。

新たな門出を迎える事となった新郎のコルド(DIEGO MARTIN)と新婦のクララ(LETICIA DOLERA)。

身内や大勢の友人知人に囲まれ、二人にとっては幸せな1日となる筈だった。

花嫁到着まで、コルドは皆と共に談笑を楽しんでいた。

和やかな会話の中、叔父の右手側面に大きなガーゼが当てられている事について訊ねる。

「病院に犬がいてな。死んでるのかと思ったが突然ガブっと」と話し乍ら傷を見せる。

「大丈夫、なんともない」と話す叔父。

そして結婚式が始まった。

披露宴も無事に進んでいく中、先程の叔父に異変が起き始めて……

DEADPOOL 2

2018年
監督:デヴィッド リーチ
脚本:レット リース/ポール ワーニック/ライアン レイノルズ
原作:ファビアン ニシーザ/ロブ ライフェルド
製作:サイモン キンバーグ/ライアン レイノルズ/ローレン シュラー ドナー
製作総指揮:スタン リー/ジョナサン コマック マーティン/ケリー マコーミック/イーサン スミス/
アディッティア スードレット リース/ポール ワーニック

 

おこがま採点:73点


最愛の恋人ヴァネッサとの幸せな生活を取り戻し、お気楽さも絶好調のデッドプール。そんな彼の日常を脅かす強敵が現れた。未来から来たという“マシーン人間”ケーブルだ。ミュータントの養護施設で暮らす、強力なパワーを秘めた少年ラッセルを狙うケーブル。愛するヴァネッサのために“いいヤツ”になることに決めたデップーは、少年を守ることに!しかし、一人ではとても敵いそうもないと考えた彼は、特殊能力を持つメンバーを集めて、最強鬼やばチーム“Xフォース”を結成する!しかしケーブルとの戦いは、予想もしない方向へ急展開。究極の決断を迫られるデッドプール。さぁ、どうする、俺ちゃん!?

(パンフレットより引用・抜粋)

NON-STOP

2014年
監督:ジャウム コレット-セラ
脚本:ジョン W リチャードソン/クリス ローチ/ライアン イングル
製作:ジョエル シルヴァー/アンドリュー ローナ/アレックス ハインマン
製作総指揮:スティーヴ リチャーズ/ロン ハルパーン/オリヴィエ クールソン/
ハーバート W ゲインズ/ジェフ ワドロウ

 

おこがま採点:72点

『フライト・ゲーム』

元NY市警だったビル(LIAM NEESON)は訳あって航空保安官として働いていた。

アルコール中毒であるも彼の正義感の強さは本物だった。

この日も普段と同じく飛行機に搭乗し、機内警備にあたるビル。

フライトプランはニューヨークからロンドンを6時間の旅だ。

ビジネスクラスに着席し飛行機離陸を待つ。

飛行機は無事に飛び立ち、6時間の密室が出来上がる。

隣の席に座って来たジェン(JULIANNE MOORE)と他愛無い会話を交わす。

ジェンが眠りに就いたところで、禁止であるタバコを吸う為トイレへと向かうビル。

一服を終え席に戻り、少し体を休めようとした時に小型タブレット機器の着信音が鳴った。

そこには、発信元不明で
“Are you ready to do your duty,Marshal?”(任務の準備はいいか、保安官さん?)
と云うメッセージが入って来た。

このメッセージに“Who is this?”と返すビル。

再びタブレット端末の着信音が鳴る。

“One of your passengers.”(乗客の一人だ)と返信が来た。

ビルは
“Breaching this network is a Federal offense.”(このネットワーク侵害は連邦法違反だ)
と警告する。

ビルの警告に“Smoking in the lavatory is also a Federal offense”(トイレ内の喫煙もまた連邦法違反だ)とメッセージが返って来た。

ビルが機内喫煙した事など誰一人として知らない事実だ。

渋面になるビル。

隣で熟睡するジェンに視線を動かす。

次に後方を向き、それとなくビジネスクラスの乗客を一瞥する。

誰がメッセージを送っているか等、現時点では分からない。

ビルを挑発する様に
“Do I have your attention now?”(私は今、注目を浴びているかな)
とメッセージが届く。

たまらず席を立ち上がり、堂々と乗客へと視線を巡らす。

エコノミークラスへと歩むビル。

不穏なビルの行動により、ジェンが目を覚ました。

エコノミークラスの乗客を観察していると再び着信音が鳴った。

“Set your watch to alert you in 20 mins.”(20分でアラートが鳴るように腕時計をセットしろ)

“Why?”(なぜだ?)と返すビル。

直ぐに着信音が鳴る。

“Because in exactly 20 minutes”(なぜなら丁度20分で)

“I’m going to kill someone on this plane.”(この機内の誰かを殺すからだ)

INCEPTION

2010年
監督:クリストファー ノーラン
脚本:クリストファー ノーラン
製作:エマ トーマス/クリストファー ノーラン
製作総指揮:クリス ブリガム/トーマス タル

 

おこがま採点:75点

『インセプション』

浜辺で波に打たれ乍ら、うつ伏せに倒れる主人公のコブ(LEONARDO DICAPRIO)。

視線を起こすと、幼い男の子と女の子が砂遊びをしている。

二人の姿を確認すると再びコブは意識を失った。

そんなコブの背中をライフルの銃口が突っ付く。

服装からして何処かの警備兵の様だ。

銃口でコブの上着を捲る。

上着の下、背中越しのズボンにハンドガンを携行していたコブ。

銃を確認した警備兵は日本語で「おい!ちょと来い!!怪しい奴がいるぞ」と仲間を呼んだ。

呼ばれた仲間が巡回する緩やかな崖の先に、何故か立派な城が聳え立っていて……

1 / 3512345...102030...最後 »