Tag: 2000年代

ink

2009年
監督:ジャマン ウィナンス
脚本:ジャマン ウィナンス

 

おこがま採点:10点

険しい相好で会社を出てきたジョン(CHRIS KELLY)

溜息をついて、セダン車へと乗り込む。

陽氣な音楽が流れる車内。

ハンドルを握る指でリズムを刻む。

卒然、ジョンは“ファーーーーーーーーーーック”と怒声を上げた。

運転をし乍ら何度も何度もファックと叫ぶ。

大声でストレスを発散し終えると、道端で絵を描く男性に目を留めて了ったジョン。

そして次の瞬間。

運転席サイドにシボレーのバンが突っ込んで来ていた。

シボレーに追突されたジョンは、そのまま脳震盪を起こした事により……

THE GRUDGE

2004年
監督:清水 崇
脚本:スティーヴン サスコ
製作:ロバート G タパート/一瀬 隆重
音楽:クリストファー ヤング

 

おこがま採点:35点

『THE JUON/呪怨』

WHEN SOMEONE DIES IN THE GRIP OF A POWERFUL RAGE…
A CURSE IS BORN.
人が強い怨念を抱いて死んだ時、呪いが生まれる。

THE CURSE GATHERS IN THAT PLACE OF DEATH.
呪いは死に場所に積み重なり。

THOSE WHO ENCOUNTER IT WILL BE CONSUMED BY ITS FURY.
そこに触れた者は呪いに取り憑かれる。

GHOSTS OF MARS

2001年
監督:ジョン カーペンター
脚本:ラリー サルキス/ジョン カーペンター
製作:サンディ キング

 

おこがま採点:20点

“西暦2176年、火星。

テラフォーミング達成度84%。

移民人口64万人。

社会、女家長制。

地球の法律を火星警察が執行”

「火星では噂が流れていた。辺境の地から集落へ、町から町へ。
長年、埋もれていた何かが姿を現したのだ。

この不思議な力は南側の谷を移動し、あとには静寂と死だけが残った」

SPLICE

2009年
監督:ヴィンチェンゾ ナタリ
脚本:ヴィンチェンゾ ナタリ/アントワネット テリー ブライアント
原案:ヴィンチェンゾ ナタリ/アントワネット テリー ブライアント/ダグ テイラー
製作:スティーヴ ホーバン
製作総指揮:ギレルモ デル トロ/スーザン モントフォード/ドン マーフィー/クリストフ ランデ/
イヴ シュヴァリエ/
ジョエル シルバー/シドニー デュマ

 

おこがま採点:49点

エルサ「3年に及ぶDNA結合実験の結果、わがチームは新種の発明に成功」

クライヴ「誕生したジンジャーは家畜用医療タンパク質の生産能力を証明しました」

エルサ「そしてフレッド以降、さらに結合技術を進化させ知的生物への利用に成功。それは…人間です」

ウィリアム「待て、先走るな」

クライヴ「人間のDNAを結合させれば多くの遺伝子疾患を治療できる」

エルサ「パーキンソン、アルツハイマー、糖尿病やガンも治せる」

茲でCEO女性が大きく息を吐いた……

MOON

2009年
監督:ダンカン ジョーンズ
脚本:ネイサン パーカー
原案:スチュアート フェネガン/トルーディ スタイラー
原作:ダンカン ジョーンズ

 

おこがま採点:77点

『月に囚われた男』

WHERE ARE WE NOW?

過去、世界を汚したエネルギーは底をつきかけていた。

電力制限、食糧不足、車の排気ガス。

だが、それは過去だ。

今の僕らはどこにいる?

よりよい世界を実現し砂漠を緑化した。

“ルナ”は世界最大の核燃料生産者。

太陽エネルギーを含んだ石を月の裏側で採掘。

クリーンな燃料、ヘリウム3で地球のエネルギー7割を供給。

燃料はずっと僕らの頭上にあった。

月の力は僕らの未来だ。

“LUNAR INDUSTRIES LTD”(ルナ産業)

1 / 3712345...102030...最後 »