Tag: 1990年代

THE GAME

1997年
監督:デヴィッド フィンチャー
脚本:ジョン ブランカトー/マイケル フェリス
製作:スティーヴ ゴリン/セアン チャフィン
製作総指揮:ジョナサン モストゥ

 

おこがま採点:74点

ニコラス(MICHAEL DOUGLAS)は大金を動かす、やり手の投資銀行マンだ。

経営者でもある彼は裕福な家庭で育ち、今も“超”が付く程のリッチな生活を営んでいる。

只、金の動きにしか興味を示さない彼の性格は最悪だ。

不利益を被れば、長い付き合いがあろうと担当パトーナーも直ぐクビにする様な男だった。

そんな彼も48回目の誕生日を迎えた。

弟のコンラッド(SEAN PENN)から連絡があり、高級レストランで会う事となった兄弟。

身なりから見て成功を収めている兄に比べて、弟はどうやら苦難の途を歩んでいる様だ。

久しぶりの再会と云う事で、二人は近況を報告しあう。

他愛ない会話が一段落したところで、コンラッドがスーツの内ポケットから1通の封筒を取り出した。

どうやら兄への誕生日プレゼントらしい。

「全てを持つ男に何を贈るべきか?」と呟くコンラッド。

ニコラスは差し出された封筒を受け取り、内容物を確認してみた。

封筒の中には、Happy Birthdayと華やかに金箔印字をされた二つ折りのバースデイカードが入っていた。

カードを広げると、招待状の様な物が挟まれている。

“CRS CONSUMER RECREATION SERVICES(消費者レクリエーションサービス)”と其れには表記されている。

「何だこれは。ゴルフクラブはあるぞ」とニコラス。

「そこに電話しろ」と弟は言う。

当然、「なぜだ?」と兄は問う。

兄の問い掛けに、弟は「人生が楽しくなる」と云う奇妙な返答をするだけだった……

DARK CITY

1998年
監督:アレックス プロヤス
脚本:アレックス プロヤス/レム ドブス/デヴィド S ゴイヤー
製作:アンドリュー メイソン/アレックス プロヤス
製作総指揮:マイケル デ ルカ/ブライアン ウィッテン

 

おこがま採点:50点

初めに闇があった。

そして時の始まりと共に異邦人(ストレンジャー)が現れた。

彼らは意思の力で物質を変える能力を身につけていた。

その力は“チューン”と呼ばれた。

だが彼らは絶滅の危機を迎え、自分の世界を捨て生存への旅に出た。

やがて彼らは銀河の果てにある青い星にたどり着いた。

地球だ。

そこには彼らの求めるものがあった。

私はシュレーバー博士。

ただの人間だ。

ストレンジャーの実験を手伝い、人類を裏切った……

TERMINATOR 2 : JUDGMENT DAY

1991年
監督:ジェームズ キャメロン
脚本:ジェームズ キャメロン/ウィリアム ウォッシャー
製作:ジェームズ キャメロン
製作総指揮:ゲイル アン ハード/マリオ カサール

 

おこがま採点:85点


或る夜、トラックが停まる駐車場でプラズマが迸った。

プラズマと共に丸いブラックホール現象が起きる。

トラック貨物と地面がブラックホールによって球状に抉られる。

黒い球が霧消すると、其処にはサイボーグT-800(ARNOLD SCHWARZENEGGER)の姿があった。

時を同じくして。

場所を違えた高架下の空き地でも、プラズマ現象が起きていた。

中から出てきたのは新型サイボーグのT-1000(ROBERT PATRICK)だ。

二体それぞれとも、目的はジョン コナー(EDWARD FURLONG)と云う少年だった。

T-800はジョンを護る為、T-1000はジョンを抹殺する為に未来から転送されて……

PITCH BLACK

1999年
監督:デヴィッド トゥーヒー
脚本:デヴィッド トゥーヒー/ジム&ケン ウィート兄弟
製作:トム エンゲルマン

 

おこがま採点:61点

「冷凍睡眠中、脳の大半の機能は停止する。

だが原始的な本能。

獣の部分は眠らない。

だから俺は眠らない。

40人ほどの民間人と共に護送されているところだ。

アラビア語で祈る聖職者の声がした。

巡礼中なのだろう。

だが、なぜこんな辺境地を通る?

女の匂いだ。

汗、ブーツ、工具ベルト。

探鉱者っぽい。

この男は開拓者か、いかにも辺境地が似合う。

こいつは疫病神、ジョーンズだ。

青い目の悪魔。

俺をムショに戻す気だ。

辺境地を通るルートを選んだ。

目的地までは遠く、トラブルが起きることも……」

APOLLO 13

1995年
監督:ロン ハワード
脚本:ウィリアム ブロイルス Jr/アル レイナート
原作:ジム ラヴェル/ジェフリー クルーガ
製作:ブライアン グレイザー
製作総指揮:トッド ハロウェル

 

おこがま採点:84点

アポロ1号発射テスト、1967年1月27日、フロリダ州ケープ・ケネディ。

故ケネディ大統領の呼びかけに応じてアメリカは人類にとって最も危険で、
しかしながら最も偉大な冒険にチャレンジしました。

有人宇宙計画でソ連におくれをとり、
テスト中に発生した悲劇の火災事故でグリソム、ホワイト、チャフィーの3宇宙飛行士が死亡。

アメリカはソ連より先に月へ行けるのか。

しかしアポロ1号の悲劇を経て今夜(1969年7月20日テキサス州ヒューストン)全世界が見守る中、
アームストロングとオルドリンが月面へ着陸。

“ニュースが入りました。飛行管制センターが着陸船外での活動を許可しました。
つまり予定より早く月面遊歩を試みることが許されたのです”

1 / 1012345...10...最後 »