AD ASTRA

2019年
監督:ジェームズ グレイ
脚本:ジェームズ グレイ/イーサン グロス
製作:ブラッド ピット/デデ ガードナー/ジェレミー クライナー/ジェームズ グレイ/ロドリゴ テイシェイラ/
アンソニー カタガス

製作総指揮:マーク バタン/ジェフリー チャン/ポール コンウェイ/ソフィー マス/アンソニー モサウィ/
ロウレンソ サンターナ/ドン ユー

 

おこがま採点:35点


時は少し先の未来。人類は地球外生命体との出会いや豊かな資源を求めて、宇宙へと旅立っていた。ある時、巨大な“サージ=電気嵐”が地球を襲い、各地で火災や飛行士の墜落事故を引き起こす。国際宇宙アンテナの製造チームを率いていた宇宙飛行士のロイ・マクブライド少佐(ブラッド・ピット)も巻き込まれ、命を落としかける。

回復したロイは、アメリカ宇宙軍の上官から、信じがたい“極秘情報”を告げられる。初の太陽系外有人探査計画、通称“リマ計画”の司令官で、探索に出発してから16年後に消息を絶った父、クリフォード(トミー・リー・ジョーンズ)が生きているというのだ。しかも軍は、世界中を混乱に陥れたサージは、父が海王星周辺で行っている“実験”のせいで、このままでは太陽系のあらゆる生命体が滅びてしまうと主張する。

英雄だった父に憧れて同じ道に進んだロイは、仕事に人生を捧げる父を崇拝してきた。だが一方で、父は家族にはよそよそしく、ロイはいつも孤独を抱えていた。突然、父が消えたショックで、さらに心を閉ざすようになったロイは、人との関係をうまく築けない大人になり、深く愛し合っていたはずの恋人のイヴ(リヴ・タイラー)も、離れて行ってしまった。そんなロイに、「父を探し出せ」というミッションが与えられる。父の旧友であるブルイット大佐(ドナルド・サザーランド)と、まずは経由地点の月に到着するロイ。そこでは、地球各国から移住した人々が、資源を巡る争いを繰り広げていた。さらに国境も法律もない無法地帯があり、ロイの一行も略奪者に襲われ、ブルイットが重傷を負ってしまう。

ブルイットからの「軍は君を信用していない」という警告を胸に、火星へと向かうロイ。波乱に満ちた飛行の果てに、ようやくたどり着いたロイは、基地の責任者のヘレン・ラントス(ルース・ネッガ)の案内で、用意されたメッセージを父へと発信する。だが、何の応答もなかった。意を決したロイは、今度は自分の言葉でメッセージを送る。いったい父に何があったのか? この任務の本当の目的は?

果たしてロイは父を見つけ、人類を救うことができるのか―――?

(パンフレットより引用・抜粋)

私のOKOGAMA映画道へと御越し頂いた。
ありがたい読者様。
どうも御久し振りです。

毎日が忙しくなり。
ブログを更新出来ずにいましたが。。。

今日、漸くup出来ました!

扨、久し振りとなる今回のOKOGAMA映画道では。
20日の金曜日から始まった。
JAMES GRAY監督作である。
AD ASTRAを取り上げていきます。

本作を語る前に。
いつものシネマシティさんに於いて。
迚も氣になる映画ポスターを発見した為。
そちらを先ずはどうぞ!!

どジャアアあああ~~~~ン↓

今、最も私が氣になっている映画である。
JOKERのポスターが。
飾られているじゃ、ありませんか!!

JOKERネタは映画秘宝さんの表紙を交えて。
来し方に色々と綴りましたが。。。

来月、封切となる映画では。
ストレートに“JOKER”と云うタイトリングでの作品模様。

そのままのタイトルを付けたJOKERが。
一体どんな内容になっているのか。。。

このポスターによって。
可なり私の氣持ちは高揚して了いましたね!

脱線して了いましたが。
茲で話をアド アストラへと戻しましょう。

JOKERからの高揚から。
AD ASTRAのおこがま採点を高く付けるつもりで臨んでみましたが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹蔵なく言います。
“私は”フルプライスで観るほどの価値を。
本作に見出すことが出来ませんでした。
(久し振りの更新でも、お前の発言は本当におこがましいな!!!!!)

価値観は十人十色。
それ故、AD ASTRAを100点と評価する方も。
中にはいるかも知れません。

只、私は。
AD ASTRAを退屈な映画に感じて了いました(←自分では映画を創れないくせに、口だけはおこがましいな!!!!)

退屈に感じた理由としては。
展開が非常に淡白な点ですね。

本作では手に汗を握る様な。
エンジョイ&エキサイティングなシーンが御座いません。。。

その為、物語は。
終始淡々と進んでいきます。

盛り上がるシーンが無いままに。
観客を2時間拘束する映画。。。

金ドブと言わざるを得ない内容です(ノω・、)

監督であるJAMES GRAYさんが。
本作で何を伝えたかったのか。

メッセージ性&テーマが判然としない為。
只々、空虚な展開と映像を観せられる。

残念としか言えません。。。(ノω・、)

メッセージ性が、はっきりしなくても。
血が滾る様な熱いシーンを盛り込んで呉れたのなら。
茲までの批評をしなかった事でしょう。

映像の色使いは冷たく。
展開も乏しく。
大儀も薄く。
そしてオチも弱い。。。

評価できる点は。
BRAD PITTさん含めたキャスト皆様の。
役者魂くらいでしょうか。

兎にも角にも。
若者がデートで鑑賞するには。
先ず適さない事でしょう。

更に友達同士で観に行っても。
鑑賞後はヘイトの起こる確率が大でしょう(;^ω^A)

纏めとなりますが。
AD ASTRAは。
配信媒体を通して観れば十分だと思います。

私の様に会員プライスで映画を観るならまだしも。
AD ASTRAにフル プライスは。。。ね。。。(ノω・、)

それでは最後に、いつものパンフ表紙を上げて終わりますかね↓

映画の内容と同様に。
パンフ表紙も酷いものです。。。(;^ω^A)

裏表紙↓

薄っぺらいメッセージですね。。。(ノω・、)

英語で書いてあるとカッコイイですが。
言っている事は。
我々の範囲外で答えをひたすら探す、と云った。
鑑賞後では薄っぺらさしか感じないメッセージで御座います。

本作の撮影監督さんが。
INTERSTELLARでの撮影監督さんと同一と云う事実に。
何だかガッカリして了いました。
(INTERSTELLARは、あんなに凄い映画なのにな。。。)

 

 

インターステラー [Blu-ray]

↑AD ASTRA“鑑賞後”にINTERSTELLARを御覧下さい!!