THE SHAPE OF WATER

2017年
監督:ギレルモ デル トロ
脚本:ギレルモ デル トロ/ヴァネッサ テイラー
原案:ギレルモ デル トロ
製作:ギレルモ デル トロ/J マイルズ デイル
製作総指揮:リズ セイアー

 

おこがま採点:68点


1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、密かに運び込まれた不思議な生き物を見てしまう。アマゾンの奥地で神のように崇められていたという“彼”の、奇妙だがどこか魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子どものころのトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。言葉とダンスに手話、そして熱い眼差しでふたりの心が通い始めた時、イライザは“彼”が間もなく国家の威信をかけた実験の犠牲になると知る――。

(パンフレットより引用・抜粋)

一昨日から上映開始となった。
GUILLERMO DEL TORO監督作の。
THE SHAPE OF WATERを鑑賞して来ました!

トップ画にもある通り。
今回も。
極上音響で公開をしている。
立川シネマシティさんへと足を運んでみました。

只、珍しい事にTHE SHAPE OF WATERはCINEMA ONEさんに於いての公開で御座いました↓

本作も然る事乍ら。
隣に貼られている。
『15時17分、パリ行き』も私、氣になります!!←ネタが古いですね~(;^ω^A)

ジョジョの奇妙な冒険の作者である。
荒木 飛呂彦さんは。
自著の『超偏愛!映画の掟』内で、こんな事を書いています。

《第五章 イーストウッドはジャンルだ》

荒木さんがジャンルと語るCLINT EASTWOOD作品。
氏が監督を勤めた15時17分、パリ行きは。
果たして、どんな作品なのか。
鑑賞した方は是非感想を御教授下さいませ!!

話が脱線して了いました。
それでは茲から改めて。
THE SHAPE OF WATERの感想へと参りましょう。

とは雖も。
トップで綴ったパンフ抜粋文章が。
THE SHAPE OF WATERの大まかな内容なのですけど。。。

本作を一言で表現するなら。
『半魚人との恋物語』
で御座います。

冒頭パートの入りから思いましたが。
なんだかTHE SHAPE OF WATERって。
TIM BURTON氏が創りそうな世界観でしたね。

テーマとして俯瞰したら。
シザーハンズと通じているのではないでしょうか。

シザーハンズは。
人造人間と少女の恋模様を描いていますが。
THE SHAPE OF WATERでは。
半魚人と淑女の恋を描いている訳ですからね。

内容が内容な為。
デートには最適な映画だと思います。

只。
普通にファックシーンや。
主人公のイザベルを演じたSALLY HAWKINSさんのフルヌードも登場する為。
プラトニックに初々しく御付き合いしている男女だと。
氣まずくなる映画かも知れません。
(SALLY HAWKINSさんの裸体はエロさよりも美しさが勝ってましたけどね)←個人的感想です(;^ω^A)

まあ、兎にも角にも。
超王道な恋愛ファンタジー作品の。
THE SHAPE OF WATER。

ハズレではない映画故。
御手隙な時に。
皆様も鑑賞してみて下さい

因みに。
本作を鑑賞する前に。
ギガジンさんのこちらの記事を御参照下さい。

ギガジンさんが綴っております。
GUILLERMO DEL TORO監督作の配色知識を持っていると。
THE SHAPE OF WATERの見方が大きく変わって来ると思います。
(トップ画ポスターでは青の世界にヒロインを赤で強調していますからね!)

私も、この配色知識を踏まえて。
THE SHAPE OF WATERを観ていましたが。。。

或るシーンで。
第4の配色を。
GUILLERMO DEL TOROさんは取り入れています。

其のシーンこそが。
THE SHAPE OF WATERの肝となる部分です。

この情報を意識した上で。
映画を堪能してみて下さい。

余談ですが。
THE SHAPE OF WATERのパンフレットって。
BiRDMANと同じ装丁なのですね!!

スキャナーが壊れている為。
THE SHAPE OF WATERの表紙を上げられませんが。

参考までにBiRDMANの表紙を載せておきます↓

BiRDMANはvol.04表記になっており。
本作THE SHAPE OF WATERではvol.11になっていましたね!
(他のvolは何の映画パンフなのでしょう)
↑今現在この2作しか所持していない私オガワトリー(;^ω^A)

FOX SEARCHLIGHT MAGAZINEさんのパンフ。
両作とも可なり良い仕上がり故に。
表紙タイトルのカタカナ表記だけは。
控えて欲しかったな。。。(ノω・、)

 

 

荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)

↑取り上げた手前、ね。。。(;^ω^A)

 

 

シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

↑カタカナ要らないな~。。。