Kingsman

2015年
監督:マシュー ヴォーン
脚本:ジェーン ゴールドマン/マシュー ヴォーン
原作:マーク ミラー/デイヴ ギボンズ
製作:マシュー ヴォーン/デヴィッド リード/アダム ボーリング
製作総指揮:マーク ミラー/デイヴ ギボンズ/スティーヴン マークス/クローディア ヴォーン/
ピエール ラグランジェ

 

おこがま採点:100点


17年前に父を亡くし、貧困地区に母と暮らすエグジー(タロン・エガートン)は、海兵隊を途中除隊、無職のまま荒れた生活を送っていた。そんな彼の前にある日、ハリーと名乗る紳士(コリン・ファース)が現れる。

ロンドンのサヴィル・ロウにある高級テーラー“キングスマン”の仕立て職人であるハリー。だがその正体は、どの国にも属さず秘密裏に活動する国際諜報機関“キングスマン”のエース・エージェントだった。

Kingsman : THE GOLDEN CIRCLEのパンフレットより一部引用・抜粋)

MATTHEW VAUGHN監督作のKingsmanが。
極爆リバイバル上映されると云う情報を知り。
早速、鑑賞してみました!

極爆上映故。
場所は、いつもの立川シネマシティさんです。

初日である昨日は。
9割近くの御客さんが押し寄せ。
ほぼ満席状態!!

1日1回だけの上映しかなく。
それも夜(19時前)からの開始にも関わらず。
この観客動員数には目を瞠りました。

極爆効果が最も発揮されていると感じるaスタジオでの上映です↓(めっちゃ渋いポスター!!)

現状として。
12月28日迄の全回は。
aスタジオで上映される様ですね。

扨Kingsmanの内容に関してですが。
素晴らしい!!!!!!!!の一言ですヽ(゚∀゚ )ノ

昨日の鑑賞が初見だった私。
映画館で本作(しかも極爆で)を観れて。
本当に良かったと思いましたね!!

起承転結の流れ。
BGM。
映像センス。
ストーリー。
諜報員には欠かせない数々のプロップ。
風刺を利かせたネタ。
鑑賞中の昂揚感
キャストの演技。
そしてオチ。

完璧です!!!!!!!!

極爆上映との相乗効果が生み出した。
100点満点かも知れませんが。。。
(自宅鑑賞だったら100点ではなかったかも)

Kingsmanは。
極爆で上映している間に。
絶対観るべき映画だと断言致します!!!!!!

100点故に色々と語りたい事もありますけど。
私がブログで長々と熱く語っている文章を読むよりも先に。
直ぐ劇場へと足を運んでみて下さい。

2週間限定のリバイバル上映です。

極爆Kingsmanは。
チケット代以上の満足感&カタルシスを。
皆様に届けて呉れる事、間違いなしです!!

MATTHEW VAUGHN監督。
恐るべし。

VAUGHN監督作は。
KICK-ASSしか観た事がない私ogawatory。
(恥ずかしい話です(´;ェ;`))

只KICK-ASSも可なり良かった為。
今後の活躍が大いに氣になる監督さんで御座います!
(↑何か言い方がおこがましいよな!?)←十分に活躍している方だろうが!!!!

こんなに素晴らしいマスターピースをリリースしたのだから。
続編であるキングスマン ゴールデンサークルも。
俄然、興味が湧いて来ました!!

STAR WARS EPISODE 8 – THE LAST JEDI –を観るよりも。
Kingsmanを観た方が。
明らかに有意義で御座いますよ(*´д`)
(因みにルーク役のMARK HAMILLさんはKingsmanでも登場して来ます)←結構重要なキャラでしたね!

来年の1月5日に間に合うのなら。
極爆Kingsmanを是非体験して下さい。

脇役として登場するエグジーの相棒ワンコが。
いぶし銀な存在として。
輝いていましたね!!

 

 

キングスマン [SPE BEST] [Blu-ray]

↑エグジーが装着したBREMONTの腕時計、かっこ良かったですね!