THE MIDNIGHT MEAT TRAIN

2008年
監督:北村 龍平
脚本:ジェフ ブーラー
原作:クライブ バーカー
製作:トム ローゼンバーグ/ゲイリー ルチェッシ/クライヴ バーカー/
ジョージ サラレギー/エリック リード/リチャード ライト

製作総指揮:ジョー デイリー/アンソニー ディブラシ/デヴィッド スコット ルービン/
ロバート マクミン/
フィッシャー スティーヴンス/ジョン ペノッティ/ピーター ブロック/
ジェイソン コンスタンティン

 

おこがま採点:25点

車両が軋む音で目覚める一人の男。

深夜の地下鉄列車に男は乗っていた。

この車両の客は彼一人だ。

眠気眼を擦り、周りを見る。

電灯が明滅する中、男は何か違和感を覚えた。

人の気配が感じられない。

立ち上がり隣の車両へと歩みを進める。

ここで男は何かに足を取られて転倒した。

仰向けに倒れた男の顔には、十数滴の血が付いている。

床に頭を打ち付け朦朧とする中、男は自分の手を仰ぎ見る。

両掌がベットリ赤く染まっている。

足を滑らせた何かは大量の血液であり、彼は血の海の中で仰向けになっていた。

驚愕し上半身を起こす。

体は、もう血塗れだ。

立とうとしても血で滑り、なかなか立ち上がる事が出来ない。

手すりに掴まり何とか姿勢を保つ。

すると隣の車両から異音が聞こえてきた。

自分がいる血塗れの車両から、恐る恐る隣の車両へと近付いてみる。

連結部分の車両窓から隣を覗き込む男。

其処には、目を疑う光景があった。

巨漢の男が何か鈍器の様な物を只管に叩きつけて、乗客を殺しているのだった……

北村 龍平監督作の。
THE MIDNIGHT MEAT TRAINを観てみました。

私は北村さん作品を。
観た事が御座いません。

故に本作が私にとって。
北村監督作、初経験となる訳ですが。。。

なかなか、ぶっ飛んでる映画で御座いましたね。

北村さんって、他にどんな映画を監督されているのか。
ウィキを覗いてみると。

小栗 旬さんが主演して話題となった。
ルパン三世を監督された方なのですね!
(あっ、察し。。。)

さてさてさ~~~て。
何から綴りましょうかね。

御話はタイトルからも想像出来るかも知れませんが。
トップに綴った蛮行の謎(犯人)を。
BRADLEY COOPER演じる主人公レオンが追うと云った。
なんともシンプルなストーリーです。

THE MIDNIGHT MEAT TRAIN。
直訳すると、深夜の肉列車。

なんて。。。イケテナイ。。。タイトルなのでしょう( ゚д゚)

いや、確かに的を射た。
非常に分かり易いタイトルですよ!

只、センスと云う観点からだと。
頗る。
ダサくないですか!!?
(↑お前は映画の内容、更にはタイトルに迄おこがましい事を言うのだな!!!!!)

おこがま採点が上記な為。
サラっと書いていきますが。

私が最も萎えたシーン。
其れは蛮行で活用された。
too much&cheapなCGです。

犯人は殺しを重ねていく訳ですが。
鈍器の様な物で後頭部を殴打したら。
目ン玉まで飛び出す程の破壊力だった。。。

おいおいおいおいおい(←岸辺 露伴風)

北村監督様。
表現が過剰すぎて。
シリアスなシーンが安ぽっくなり。
逆効果になっていましたよ( ̄Д ̄;)

そんなtoo muchなCGを使わず。
SAWの様な。
生々しいバイオレンス描写の方が。
説得力があっただろうに。。。

見せ場の一つであろう。
殺人シーンが。
cheapなCGにより。
非常に残念な仕上がりとなっていましたね(-_-;)
(↑とても勿体無いです!!!!)

サスペンス要素も強く。
途中。
凄くドキドキした場面もありました。

それ故に。
CGを使った萎えシーンが。
惜しくてなりません。

変にCGを使わずに仕上げていたら。
間違いなく。
もっと良い映画になった事でしょう。
(↑自分では映画を創れないくせに、お前は本当におこがましい奴だな!!!!)

そうそう、一つ申し上げておきます。
本作には。
残酷残虐なシーンが。
可なり盛り込まれております。

首をかき切られる。
人体から目玉をくり抜く。
歯を抜き取る。
爪を剥ぐ。

こう云ったシーンが出て来る為。
グロが苦手なら。
絶対に敬遠して下さい。

化ける要素が多々あっただけに。
本当に勿体無い映画で御座いました。

因みに。
個人的に高評価だったのが。
key propとして登場する。
レオン所有のカメラ!!

型番までは分かりませんけど。
渋いライカのカメラを武器(物理的ではなく)に。
写真で犯人に迫っていく、と云う展開は。
惑溺ポイントでしたね!!!
(あくまで私個人の感想で御座います)

映画に登場するカメラや時計と云ったプロップに。
非常にそそられて了う。
OGAWATORYが御送り致しましたとさ。

 

 

ミッドナイト・ミート・トレイン [DVD]

↑結びは、ぶっ飛んだ方向に舵を切って終わりますよ。