THE THING

1982年
監督:ジョン カーペンター
脚本:ビル ランカスター
原作:ジョン ウッド キャンベル
製作:デイヴィッド フォスター/ローレンス ターマン/スチュアート コーエン
製作総指揮:ウィルバー スターク

 

おこがま採点:45点

『遊星からの物体X』

1982年冬、南極大陸。

白銀の世界を1機のヘリコプターが飛翔していた。

パイロット&乗組員のツーマンセル態勢をとり、二人は何かを追っていた。

双眼鏡を覗き込み、何かを探す乗組員。

どうやら其れを発見した様で、パイロットに指示を出す。

ヘリコプターの標的は雪の中を凛然と駆ける1頭のシベリアンハスキーだった。

走る事を止め、ヘリコプターを凝視するシベリアンハスキー。

ヘリコプターが近づいて来る事を確認すると、シベリアンハスキーは再び走り始めた。

獲物との距離が近付いた事により、ライフルを構える乗組員。

1発、2発、3発…と発砲するも、シベリアンハスキーには当たらない。

追いかけっこの果てに、シベリアンハスキーはアメリカ合衆国南極観測隊の第4基地へと辿り着いた。

第4基地内では卓球をする者や酒を煽り乍チェスをする者など、皆それぞれが自由な時間を楽しんでいた。

外からプロペラ音が聞こえて来た為、第4基地の数人が表へと出る。

「偵察か何かかな?」と第4基地の面々は言葉を交わす。

機体にはNORGEとペイントされていた為、其れがノルウェー人だと氣付く一同。

第4基地の輩がヘリコプターの行動を注視していると、突然地上で爆発が起きた。

なんとヘリコプター乗組員が手榴弾を投下したのだ。

ノルウェー人からの攻撃と思った第4基地の面々はスパナ等の工具を手にヘリコプターを警戒する。

そんなアメリカンの中へ、シベリアンハスキーは逃げ込んで来た。

ヘリコプターを降り、直接手榴弾を投げ込もうとするノルウェー人。

だが手榴弾は手から滑り落ち、其の場で爆発。

パイロットとヘリコプターは爆発に巻き込まれて了った。

ノルウェー人の体を張ったコントを只、傍観するアメリカン。

一人生き残った乗組員は訳の分からない母国語を呟き乍、
執拗にシベリアンハスキーに向けて発砲するのだった……

JOHN CARPENTER監督作。
THE THING(遊星からの物体X)を鑑賞してみました。

SFホラー作品としては。
“超”が付く程の有名作品ですが。
私は恥ずかし乍、今回が初見鑑賞で御座います。

JOHN CARPENTERさんの作品をチェックしてみると。
沢山の映画を監督されていますが。
CARPENTERさん監督作品としても。
今回が御初でした。。。

監督作品の中で。
THE FOGが御座いましたが。
私が過去ブログに上げたTHE FOGは。
JOHN CARPENTER監督作のリメイク版で御座います。
(確かにリメイク版の製作陣にJOHN CARPENTERさんの名前がクレジットされていますね)
↑過去ログでも同じ様な事を書いていますな!!

扨、それでは少しトップ文章から先の展開を掘り下げてみましょう。

アメリカンと戯れるシベリアンハスキーに向けて、ノルウェー人が乱射。

そのうち1発が一人のアメリカンの膝を抉る。

撃たれたアメリカンは其の場に崩れ落ちる。

その他のアメリカンは左右に逃げて伏せる。

混乱に乗じてシベリアンハスキーは再び逃亡。

アメリカンの事は無視し、只管シベリアンハスキーを追跡&乱射するノルウェー人。

ノルウェー人の乱射が基地にも届きそうだった為、止む無く基地内の一人がノルウェー人を射殺する。

何故この様な蛮行をノルウェー人が働いたのか、
理由を突き止める為ノルウェー人達の観測基地へと向かってみると。。。

と、まあこんな感じの起パート。

超有名作品な為。
ネタバレも何も。
今更ないかも知れませんけど。

早い話が。
宇宙人と。
第4基地隊員達との。
戦いで御座います。

本作を観ていて。
私が強く想起したのは。
「THE THINGって無印のエイリアンに似ているな。。。」です。
↑奇しくも同点ですね(べ、べつに狙った訳じゃないんだからね!!)

孤立された環境。
忍び寄る地球外生物の恐怖。
触手ウニョウニョな造形。。。

ストーリー自体は。
勿論、無印エイリアンと全然違いますけど。
それでも共通する部分が。
結構ある様に感じました。

凄まじいレベルの映像技術を目の当たりにしている現代人にとって。
本作のクリーチャー造形は。
陳腐に見えて了うかも知れません。

併し、それ以上に。
この頃の映画は。
ストーリーで勝負している作品が多い為。
何氣に楽しめるんですよ!!!
(↑お前、言う事が本当おこがましいよな!!!!)

何度も書いている。
シベリアンハスキーが。
顔を割って化物となる場面があって。。。

この描写などは。
寄生獣の作者、岩明 均さんが。
作品の中で登場させた、あの犬の様な姿でしたからね!
(岩明さん自身がオマージュを狙ったのかな???)
↑と云うかインスパイアされた結果が寄生獣なのかも。。。

宇宙人は。
血液感染により生物を支配していく為。
第4基地の面々は仲間だった御互いの事を。
次第に信じられなくなっていく。

このジワジワと広がる恐怖の描き方が巧い為。
そこ迄、退屈を感じる事なく。
観終える事が出来ました!!!

しかも。
無駄シーンをあまり挟んでいない事も。
良かったですね!

ダラダラしたシーンがあった挙句。
頭を捻る様なクリーチャー描写が重なっていたら。
私のおこがま採点は。
とてつもなく低い事になったでしょう。
(↑だから、お前の言うこと自体が超おこがましいよ!!!!!)

ホラー作品を語る上では欠かせない1本だと思います故。
私の様に映画好きであり乍、未見の方は。
1度は観ておく事を強く御勧め致します。

それでは最後に。
荒木 飛呂彦さんの奇妙なホラー映画論に於ける。
THE THINGについての文章を少し紹介して終わります↓
《内容はアメリカの南極観測基地にその怪物が侵入したことで繰り広げられる、一種の密室劇となっています。その中で観測隊員たちが「こいつは怪物が化けているんじゃないか?」と疑心暗鬼にさいなまされる。人間どうしの不信感が恐怖を煽るうえに、怪物は犬にさえ変身して侵入しますから、見ているほうは「中に入れるな!」「そいつが怪物だ!」と身悶えするわけです。怪物の造形や特殊メイクも、第一章で触れたロブ・ボッティンの神業が冴えまくっています。》

ジョジョリオンの新刊を、とっとと読まねば!!

 

 

遊星からの物体X [Blu-ray]

↑このジャケット、どのシーンを表しているのだろう!?