WATCHMEN

2009年
監督:ザック スナイダー
脚本:デヴィッド ヘイター/アレックス ツェー
原作:デイヴ ギボンズ/アラン ムーア
製作:ローレンス ゴードン/ロイド レヴィン/デボラ スナイダー
製作総指揮:ハーブ ゲインズ/トーマス タル

 

おこがま採点:90点

“ロールシャッハ記

1985年10月12日。

今朝、路地に犬の死骸が。

腹にタイヤの跡がついていた。

この街は俺を恐れている。俺が街の素顔を見たからだ。

通りはドブも同然だ。人の血が流れている。

排水口を塞げば、クズも溺れ死ぬ。

セックスと殺ししか頭にないクズが流され、娼婦と政治家どもが天に叫ぶ。

「助けてくれ!」と。

俺は小声で答える「嫌だね」と。

今、世界は崖っぷちから地獄をのぞき込んでいる。

そしてリベラル派やインテリと云った口先だけの連中は急に何も言えなくなっちまった。

眼下に広がるこの酷い街には、死にゆく獣の叫びに似た声が響く。

そして夜には淫乱と悪徳の匂いが充満する。

今夜NYで一人のコメディアンが死んだ。

その真相は…

誰かが知っている……”

私の映画ブログに御越し頂いたありがたい読者様。
どうもこんにちは。
今日から5月ですね!

世の中はGWですが。
GWでも、いつもと変わらず。
引き篭もって映画を観ている私OGAWATORYで御座います。。。

扨そんなGW真っ只中に観たWATCHMEN。
昨日のGREEN ZONEに続き。
またまた大当たりな映画で御座いました!!

あらすじは。
JACKIE EARLE HALEY演じるマスクを被った超人ヒーロー、ロールシャッハの独白を只綴っただけのもの。
其の為WATCHMENの内容に。
全然ピンと来ないと思います。
(自分自身だって、上記のあらすじを読んだだけでは全く理解出来ません。。。)

ちょっと内容を書いただけで。
ボロボロとネタバレに繋がって了いそうなので。
WATCHMENを簡略に述べると。

ロールシャッハの超人仲間である。
JEFFREY DEAN MORGAN演じる同じく超人の“コメディアン”と云うコードネームの男が殺され。
其の事件解決にロールシャッハが奔走する、と云った感じのストーリー( ̄~ ̄)ξ
(本作の超人=スーパーマンやXメンとイメージして下さい)

この文章だと。
「何かよくある話で、あまり面白くなさそうだな」
と云う思いを抱く方がほとんどかも知れませんが。。。
(↑映画ブログなのに、映画の面白さを上手く伝えられないってどうなのよ!!!)

ストーリーは其の当時(20世紀)の。
アメリカ社会背景(冷戦やベトナム戦争、世界大戦等)とも絡めていく。
社会派ミステリー&ヒーローアクション映画となっています。
(↑カテゴライズが滅茶苦茶ですね(;^ω^A))

兎にも角にも。
この映画も昨日のGREEN ZONEと同様に。
先ずは御覧頂きたい作品です!!

一回観ただけでは全然氣付かなかった伏線が。
色々と散りばめられている。
とんでもないモンスター映画で御座います!(^ヮ^)/
(実際WATCHMENをもう一度流し乍ブログを書いていますが、本当スルメ映画ですぞ!)

そもそも。
私の好きな映画ランキングのNo.2に。
同監督の300をランクさせて頂いている事もあり、
ZACK SNYDER監督作だからこそ。
WATCHMENも遅れ馳せ乍、鑑賞した訳ですが。。。
(300からZACK SNYDER氏の映画に興味を持つ様になった私)

300同様、スタイリッシュな魅せ方は。
本作でも遺憾無く発揮されていたと、個人的には思います!!

事ある毎に。
綴っている評価ポイントですが↓

映像の魅せ方。
映画を観ている際の昂揚
ストーリー。
起承転結。
俳優陣。
伏線。
そしてオチ&カタルシス。

本当にどれもが素晴らしかったです!!

300からZACK SNYDER作品を好きになった私と了しては。
コメディアンが犯人と格闘する冒頭。
小ネタとして“300”の数字を意識したシーン撮りで。
私のおこがま採点は一氣に上がりましたね!!
(↑8MM 2でも綴りましたが、小ネタ次第で点数が上がるのだから本当アテにならない映画ブログだ!)

人類史の影には。
WATCHMEN(←コメディアンやロールシャッハを含めた超人チーム)の存在が常にあった。。。
そんな子供が考えそうなフィクションを。
見事に織り交ぜ一つの映画と仕上げたハイセンス作品となっています(^ヮ^)/

世界史に造詣が深い方なら。
GREEN ZONEでの文章の繰り返しになりますが。
これまた100点を付ける映画かも知れません。

そうそう。
言い忘れましたが。
本作はR15指定を受けている映画です。

300を知っている方なら御察し頂けると思いますが。
本作でも。
ザック スナイダー監督御得意のバイオレンス描写がちょろっと出てきます。
(そんなバイオレンスシーンがまたカッコイイんです)

しかも。
そのバイオレンスシーンを見せる。
ロールシャッハがとても渋い!!←細い肉体乍、鍛えられたガタイがとても素晴らしかったですよ!

マスクを剥がされ。
素顔になったロールシャッハが魅せる。
監獄での殺陣に。
皆様是非、刮目して下さいませ!!!!!!!!

最後に。
WATCHMENについても。
リンクさせて頂いている前田 有一さんが。
感想を上げていたので。
こちらに前田さんの本作評価を貼っておきます。

前田さんの感想は未だ読んでいませんが。
本作の点数は。
前田さんも、やはり高得点を付けておりますね(^ヮ^)/
(劇場鑑賞して、パンフレットを購入&熟読そして考察したいと、心から思える映画で御座いました!!)

 

 

ウォッチメン [Blu-ray]

↑本作は大人数で観る事を強く御勧め了す!
(しかも英語が堪能な方が面子にいると尚良しです)
↑シーン毎のBGMにも大きな意味があると思われるからです!!

シーン毎の曲にも字幕を付けて欲しかったな。
(コメディアンを弔うシーンのThe sound of silenceなんて、正に、ね。。。)