LEA

2010年
監督:ブルーノ ロラン
脚本:ブルーノ ロラン/アン アズレイ/ジアン シュエブ
製作:ナタリー トラフォード
撮影:ディラン ドイル

 

おこがま採点:10点

『女子大生レア 秘密の仕事』

ANNE AZOULAY演じるレアは大学に通いつつ認知症を患う祖母の面倒を看ていた。

訳あって祖母と二人暮らしのレア。

働けない祖母の生活も賄う為、夜はストリップバーでウエイトレス(服着用)して働いていた。

だがそんな生活に限界が来る。

レアがバーの仕事から帰ると、祖母は家にいなかった。

夜中なのに街を徘徊して了う祖母。

何とか祖母を見つけるも、この状況では身がもたない、と考えたレアは祖母を介護施設に入所させる事に。

介護施設の費用と自分の生活の両立にあたり、ウエイトレスの稼ぎでは無理と悟ったレア。

そしてレア自身もストリップバーの踊り子として働く事を決意し……

皆様こんにちは。
映画を観つつBloodborneも進めているOGAWATORYです。

Bloodborneは愈々エンディング間近となる。
メンシスの悪夢を攻略しております。
(↑の最初のボスであるミコラーシュってモノガタリー49でupしたJOKERに似てませんか!!?)

そんなBloodborneに嵌まっている私が今日観た。
LEAですが。。。

特筆する点はこれと云って無いフランス映画で御座いました( ̄Д ̄;)

淡々とレアの生活を展開していくだけの映画なので。
とても退屈なんです(ノω・、)

大学の生活の模様。
ストリップの踊り子の模様。
祖母を見舞う模様。

基本この3つをローテションで進行させていくだけみたいな内容に。
私は途中で飽きて了いました←毎度おこがましい事を言って申し訳ございません。
(映画はちゃんと全部観たのであしからず)

フランス映画は基本、御洒落映画である。
と云う先入観を持っている私ですが。

本作も。
やはり御洒落を全面に打ち出した。
唯の御洒落ムービーでしたね←あくまで私の感想ですからね(´Д`υ)

フランスに赴いた事がないので。
風景や街並みに。
色々と素敵な部分を感じましたが。

如何せん起承転結の波が無い(´;ω;`)

言って了うと。
起承承承承承承承承承。。。
と云う、特に大きな事が起こらない映画で御座います(-_-;)

終わり方も。
それからどうなったのか!?
明確な方向性は無く。
御洒落に終わっていく。

映画にワクテカを求めて了う私にとって。
LEAは退屈なだけの映画で御座いました←本当におこがましい発言だらけで御免なさい(´;ω;`)

只、主人公を務めたアン アズレイさんの脱ぎっぷりは潔く。
彼女の美しい肢体は或る意味、見所かも知れません。
(それにしてもアズレイさん痩せ過ぎです)←細身な為、スキニーな服がとても似合っていましたけどね!

そんな訳で。
この映画で学んだ事は。
認知症は、面倒を看てくれる家族に大きな負担が掛かる!
と云う点ですね。
(↑改めて言うまでも無いですけど)

学生の身である孫娘一人が認知症の祖母の面倒を看ていく。
この状況って真剣に考えると、とても怖い話だと思いませんか!!?

御高齢者が大多数となって来ている日本。
若年性認知症と云う病状もありますが。
本作からも、認知症にはならない様にしないとな。。。
と感じたオガワトリーで御座いました。
(↑じゃあ具体的な対策って何だよ!?と云う声が聞こえてきそうですが(´;ω;`))

こちらにアルツハイマー型認知症に関して勉強になる話が載っていたので。
御興味のある方はリンク先に飛んでみて下さい。
(最近運動をサボり氣味だから、また再開しないとです( ̄~ ̄)ξ)

 

 

女子大生レア 秘密の仕事 [DVD]