THE FINAL DESTINATION

2009年
監督:デヴィッド R エリス
脚本:エリック ブレス
製作:クレイグ ペリー/ウォーレン ザイド
製作総指揮:リチャード ブレナー/ウォルター ハマダ/シーラ ハナハン テイラー
音楽:ブライアン タイラー
編集:マーク スティーヴンス

 

おこがま採点:62点

「ファイナル・デッドサーキット」

BOBBY CAMPO演じる主人公のニックは恋人を含め、4人組のパーティーでサーキットを楽しんでいた。

手に汗握るレース展開の中、ニックは不穏な空氣を感じ取る。

自身の座る木製ベンチに走る罅と亀裂。

高速で走るスポーツ カーの振動を受けて舞う、頭上のコンクリの塵。

何か厭な雰囲氣を纏ったニックの元へ、風に運ばれて或るチラシが落ちてきた。

“In Memory Of Our Beloved Drivers.”(偉大なドライバーを偲んで)と書かれていた其のチラシ。

直後、ニックは前方席に座る男のTシャツのバックプリントに目を留める。

“Life’s a Bitch & Then You Die…”(人は苦しみ、やがて死ぬ)

様々な不吉な兆しを受けたニック。

そして、とうとう其れが起きて了い……

どうも皆様こんにちは。
そんなに参考にならないであろう映画ブログを綴り続ける。
OGAWATORYで御座います( ̄~ ̄)ξ

本作を観る迄に。
無印FINAL DESTINATION
FINAL DESTINATION2
FINAL DESTINATION3と綴って来ましたが。
漸く今日、このシリーズの4作目を鑑賞した次第であります(*・з・)

ウィキペディアを参考にしつつ。
ブログを書いていますが。
本作はFINAL DESTINATION2の監督である。
エリス氏が再び監督を務めているのですね!

私はGABORと云う。
銀ブランドが好きなので。
先にこのネタを書いておきますが。

エリスさんは銀ブランドの。
Bill Wall Leatherが御好きな様で。
今回のTHE FINAL DESTINATIONでも。
Bill Wall Leatherのシルバーやロゴが。
結構目立っておりました!!
(↑これについてはFINAL DESTINATION2でも綴っていますね!)

銀ブランド好きと了しては。
見逃せないポイントの一つで御座いました。

さて、あらすじから先の展開は、と云うと。。。

Bill Wall Leatherのロゴを貼った車がピット イン。

ピット クルーのミスでネジ回しを車ボディーに差したまま発進する。

コース上にネジ回しが落ちる。

一台の車が其れを踏みパンク。

コントロールを失ったパンク車、木の葉の様に舞う。

舞っている間にも、車はどんどんバラバラになっていく。

観客席に飛んで来たタイヤの直撃で、女性の頭が胴体から吹っ飛ぶ。

逃げ惑う観客。

木の葉の様に舞っていた車が着火する。

炎の塊と化した木の葉の車が勢い良く、観客席にダイブ。

この炎の塊で、また何名か死亡。

観客席は大パニック。

氣になっていた罅のベンチ含め、沢山の木製ベンチが逃げ惑う人々によって踏み付けられる。

割れたベンチさん、先を尖らせ凶器と化す。

そんな間にも、まだコースを走る車同士のクラッシュによりボンネットが射出。

飛んで来たボンネットで、観客夫婦の胴体が切断される。

更に飛んできた車のエンジンで、今度は観客の一母親圧死。

タイヤの直撃で頭が吹っ飛んだ女性、其の旦那が足を挫いてベンチさんの凶器により頭を貫かれる。

再び、クラッシュした違う車が飛んで来て、カウボーイハットを被った男が圧死。

頭上のコンクリが崩壊する。

崩落するコンクリで、何名か圧死。

そしてニックの友達(男&女)もコンクリで圧死。

ニックと彼女、警備員の3人は何とか逃げ延びようとするも。

車の爆発で恋人と警備員が焼死。

最後にニック、其の爆風で吹き飛び、突き出た鉄の棒に胸を貫かれて死亡。。。

と云った起承転結の起PART(・・;)

おいおい、開始早々に主人公死ぬのかよ!!!
と思って頂いた読者様。
御安心下さい。
この起の部分は大友克洋さんのAKIRAに出るキヨコ宜しくな能力を発動させて視たニックの未来ヴィジョン。

未来のクラッシュ事故を予見したニックは観客席で騒ぎ立て。
ニックのヒステリーで腹を立てた何人かの観客&警備員と共に。
サーキットスタジアム外に離脱。

一緒に離脱した一同に。
「事故が起こるんだ!!」
と興奮氣味に説明していた矢先。

ハイ大事故が発生し、スタジアムから人が溢れ出て来るのです(´;ω;`)

でも死の運命からは逃れられず。
タイヤの直撃を受けた女性は。
一緒に離脱したにも関わらず。
スタジアム外まで飛んで来たタイヤの直撃で死亡←無理があり過ぎる死に方でしょ!!!!!!

ボンネットの胴体が切断された夫婦はと言うと。
旦那はニックの行動に腹を立てて文句を言う為、離脱したのですが。
奥さんはスタジアムに留まり、帰らぬ人となって了いました。

そしてTHE FINAL DESTINATIONと云うタイトルロゴが入り。
メタルなインストと共に本編へと映画が続いていくのです。。。

もうこのシリーズの展開はお馴染みなので。
事細かに、深くは綴りませんが。
簡単に言うと。
サーキット場で死ぬはずだったニック達に。
再び死の影が訪れるので。
何とか其れから逃れようと足掻く御話で御座います←ザックリ過ぎるかな。。。

今回のTHE FINAL DESTINATION。
展開はなかなか面白いのですが。
とにかく残念なのは。
CGです(´;ω;`)

原点回帰のタイトルなので。
上記したメタルインストなオープニングでは。
無印FINAL DESTINATIONをリスペクトしている描写の数々!!!

なかなか粋なオープニングだな!
話の展開も面白いな!!
しかもBill Wall Leatherかい!!!
と個人的にはかなり胸熱要素があったのですが。。。

兎に角、残念なCG。。。
ここが巧かったら。
余裕でover 75点な映画だと思います!!(←やっぱり今日もおこがましいですね(´;ω;`))

オチも。
無印FINAL DESTINATIONを踏襲している様な感じですし。
締め方もなかなかスタイリッシュなので。
CGが本当に惜しい!!!!

FINAL DESTINATIONシリーズは。
今現在は次の5で最後(!??)。

CGのマイナス分は。
次回の5で挽回してくれると願うogawatoryです( ̄~ ̄)ξ

 

 

ファイナル・デッドサーキット スタンダード・エディション [DVD]