THE USUAL SUSPECTS

1995年
監督:ブライアン シンガー
脚本:クリストファー マッカリー
製作:ブライアンー シンガー
音楽:ジョン オットマン

私のあまり参考にならない映画ブログに御越し頂いた、ありがたい読者様。
どうもこんにちは。
余裕があったらBloodborneに嵌っているOGAWATORYです。

Bloodborneは前回のブログ(X-MEN)で綴ったビルゲンワースをクリアーしてから。
全く進行しておりません(*´д`)=з
(だって聖杯ダンジョンがおもろいんですもん!!!)

BloodborneはDLCも配信される予定なので。
もう少し聖杯ダンジョンを攻めて、まともな戦士に仕立て上げてから。
本編を進めて行こうと考えて居ります( ̄~ ̄)ξ

前置きが長くなって了い申し訳御座いません。
さて、本日鑑賞した映画はユージュアル サスペクツです。

今回おこがま採点が無い理由。。。
其れは過去、本作に対してのおこがま採点を付けて了っている為
↑只の映画素人が本当におこがましい事をほざいていますね(;^ω^A

なので私のおこがましい採点を氣にして頂ける方がいたなら。
上のリンクから私の過去ログに飛んで頂ければ幸甚で御座います。

さてさてさ~て、久しぶりに観直したユージュアル サスペクツですが。
やはり面白い!!!!!←何の捻りもないコメントでごめんなさい(・ω・`lll)

過去ログ時から観ていなかったので3年近く期間が空いたおかげで。
私の小さく皺の無い脳味噌が憶えているのはオチ位でした(ノω・、)
(↑過去ログネタを引用させて頂きました)

まぁ、オチ位しか憶えていない為。
何度も新鮮な氣持ちで臨めるのは或る意味、良い事なのかも知れませんが。。。(*´ω`)

何故THE USUAL SUSPECTSを改めて観ようと思ったのか。
其れは前回鑑賞したX-MENのブライアン シンガー監督繋がりと云う事もありますが。
一番の動機はカミさんが観たがったから( ̄~ ̄)ξ

なにやら編集さんと打ち合わせをした際。
THE USUAL SUSPECTSで盛り上がったと云う事で。
今回改めて観直してみた訳で御座います。

観直してみて氣付いた事。
先ずは音楽の素晴らしさ!

今迄は話を掴むのに必死で、音楽に氣が回らなかったのですが。
何度目かの鑑賞なので、少し余裕を持って観てみると。
サスペンスの雰囲氣をガンガン後押しするBGMに。
私オガワトリーは興奮して了いました(^ヮ^)/

音楽の良さは今日初めて氣付けたポイントですね!

更に、過去ログで綴っている通り。
黒幕であるカイザー ソゼについても新たな氣付きがありました。
これは『最初から氣付けよ!!!』と云う話なのですが。
カイザー ソゼの利き腕についてです。

この利き腕については、カミさんも編集さんとの話題に上がったネタらしく。
冒頭、カイザー ソゼ登場シーンから、自身がサウスポーである事を強調するシーン撮りは。
オチに繋がる重要なファクターだったんですね!!

この左利きのネタも。
今日の鑑賞で初めて氣付きました!!←ダメダメな映画ブロガーですね(ノω・、)

更に更に。
出演者の一人にBENICIO DEL TOROさんがいた事を。
すっかり忘れていた私。
これは氣付けたポイントとかと云う問題ではなく。
自分の記憶力の乏しさに涙が出る話で御座います。

ベニチオ デル トロさんほどの有名役者を。
忘れてちゃいかんでしょ。。。(ノω・、)

そんな訳で内容の大部分を忘れて了っていた訳ですが。
結局、本編のどこ迄がリアルで。
どこ迄がフィクションなのか!?
其れについては、後3回は観ないと合点出来そうにない私ですΣ(°д°lll)

THE USUAL SUSPECTS。
直訳すると“いつもの容疑者たち”
黒幕カイザー ソゼの企みで集められた札付き悪5人の顛末を。
皆様も確認してみて下さい(^ヮ^)/

併し、何をもってそんな話をしているのか。
其の話をする必要性がいまいち理解出来なかったな。。。
何度も何度も観直せば。
其の話題の意図が見えてくるのかな。。。(*´ω`)

 

 

ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]