オガワトリーのモノガタリー 39

皆様こんばんは。
今日は3月並みの氣候と予報されていた通り。
確かに1月とは思えない暖かさで、東京地方はとても動き易かったですね!!

私オガワトリーは先日GABOR好きの御客様と歓談させて頂きました。
その時、個人的に氣になったGABORのデイプランナーについて綴ろうと思います。
(今回映画話では御座いません故、御興味ない方はスルーして下さいませ)

私のハンドルネーム“OGAWATORY”については以前のモノガタリーで説明させて頂きました(*´д`)
そんな私のハンドルネーム元になったGABORATORY。
上記した様にデイプランナーの画像を多々交えつつ、書き進めていきますね。

では2枚目↓

表紙クロスのアップ画像です(^◇^)v
下地の牛革とは異なったレザーマテリアルを使用したクロス。
暗いブルー(紺色?藍色??)のスティングレイレザーが良い味を醸し出しております!

ザラザラしたスティングレイの感触。
う~~~~~~~ん。
たまりません!!!(*´д`)

次はコレ↓

背表紙で御座います。
ゴシッククロスをモチーフとした銀が鈍く光っておりますヽ(゚∀゚ )ノ

ゴシッククロスのアップ↓

雑誌でもよく書かれている事ですが。
GABORの造形の特徴はこのゴシッククロスの様に漢臭く無骨な点。
なので、どちらかと言うと男性が嵌まるブランドだと思います( ̄~ ̄)ξ

上のゴシッククロスの美しさ。
画像から、女性にもGABORの魔力を感じて頂けたら幸いです。
(男性には伝わりましたでしょうか!?)

デイプランナーの中を見開くと↓

表紙クロスがうっすらと浮かび上がっております(*´д`)
それと、この見開き。。。
御氣付きになりましたでしょうか!!?
(大多数の方がえっ!?何が!!!????と思われる事でしょうね(-_-;))

注目して頂きたいのは中心の留め具部分( ̄~ ̄)ξ
私も実物見て氣付いたのですが。
GABORのデイプランナーの留め具調整はドライバーではなく。。。
六角レンチで行うのだそうです。
(ちょっと解像度の問題で分かり難いですね)

ネジ山の事を考えるとドライバーよりも六角レンチの方が。。。
勝手が良いのかも知れませんね。

追記
後日実物を拝見したところ、普通にプラスドライバーのネジで御座いました(-_-;)
(勘違いとは云え、嘘を綴ってごめんなさい。。。)

裏表紙↓

裏表紙はプレーン仕様(=°ω°)ノ
なので牛革の感触がこれでもか!!!と楽しめます(*´д`)

そして氣になるポイントの数々↓

この使い込む事によって出てくる。。。


レース部分の擦れ具合の味で。。。


熱燗3本はイケますね\(^o^)/
(実際、私たまに銀アイテムを眺め乍、酒を呷ります)

以上が今回のモノガタリー。
モノガタリー36で当分銀ネタは控えると言いましたが。
御客様のGABORアイテムに心ときめいて銀ネタ綴って了いました(*´д`)

因みにコチラにowner様のページリンクを貼っておきます。
実際にどんな中身を用いて使っているのかは。。。
是非owner様のページで御確認下さいませ!!

最後に。
快くコレクションの数々を御披露目下さったちよ父様。
其の節は本当にありがとう御座いました!!
機会がありましたら色々と銀話で、また盛り上がりましょう!!!\(^o^)/