オガワトリーのモノガタリー 32

はい皆様こんばんは。
先日のキャリーの時に綴った様に、超LOWペースで映画を観賞しているオガワトリーで御座います(´;ω;`)

先ず、本題であるモノガタリーに行く前に前置きをば!
本日(と云っても後10数分で昨日の事になりますが)、↓の映画を観て来ました!!

まあ、この作品の内容については明日以降(果たしてちゃんとup出来るかな…)に致しまして。。。
今日は↑のまどマギとは違う御話を綴らさせて頂きます。

えっと、今回のモノガタリーネタはこちら↓で御座います!!

映画通の方なら、この文章↑にピンと来るでしょうか!?

話は今日の夕方の事。
人脈がとても稀薄な私に、友人から結婚式二次会の誘いが舞い降りました。
これと云った予定が無かったので断りの選択肢等ありません。
二つ返事で参加表明をし、本日いざ二次会会場に赴いてみると。。。

このネタを前に、友人の二次会は二の次!!!(おこがましく失礼な話ですね( TДT))と囁く、悪魔の声が!!
(↑誇張し過ぎな文章ですね。。。(*・з・))

まさか、二次会会場でこの映画ネタと出会えるとは!!!ヽ(゚∀゚ )ノ

誤解無い様に綴りますと、私が取り上げているのは画像にある上記の文章。
“All work and no play makes jack a dull boy.”で御座います。

私のブログを読み込んで頂いている方(多分一人もいないでしょうが…(´;ω;`))や、
この元ネタの映画を溺愛している方は直ぐに氣付くと思いますが。

そう!!!この“All work and no play makes jack a dull boy.”はあのスティーヴン キング原作映画“シャイニング”で、ジャックが綴ったガイキチ文章で御座います(ノω・、)

現に私も、シャイニングについてブログを綴らさせて頂いた折に、
この“All work and no play makes jack a dull boy.”をオマージュさせて頂きましたからね!!
(↑詳しくはシャイニングのおこがま採点を御参照下さい。。。)

自分のブログに取り上げた位、強烈な印象として残っていたAll work and no play makes jack a dull boy.
好奇心に抗えず友人の二次会をそっち除けにし、会場となったイタメシ屋のマスターにこの事について訊いてみました。
すると…
『!!!!?シャイングですか!?まあ、個人的には嫌いじゃないですが』
と、何やら冷めた反応(´;ェ;`)

色々と話を掘り下げてみると。
どうやら施工会社がメインで内装を仕上げた為、上記の“All work and no play makes jack a dull boy.”について、
マスターは全く認識していなかったとの事(ノω・、)

せっかく店内のメニューボードに、こんなにデカデカとシャイニングネタが書かれているのに。。。
そのソースを店主が知らないなんて。。。(´Д⊂)
私はとても悲しい氣持ちになりましたね…

その後は、皆様も想像に難くないとは存じますが。
所謂ヤケ酒です(←すいません、誇大表記で御座います( ゚д゚))
まぁ冗談半分&本音半分で、この話の後は友人を差し置いて一人、酒をかっ喰らったオガワトリーで御座いますΣ(°Д°;

因みに、この“All work and no play makes jack a dull boy.”のお店は横浜に御座います。
氣になる方は、横浜のイタメシ屋を探索してみて下さい
(↑私は道に詳しい友人に尾いて行っただけなので、全くお店の場所を感知しておりません(ノω・、))

そんな内容が無い様な今回のモノガタリーでしたとさ。。。
(まどマギのおこがま採点upは果たして出来るかな…(´;ェ;`))

因みに下段に書かれていた“Fortune comes in by a merry gate”の訳は。
“笑う門には福来たる”だそうです
(↑ネットで調べただけなので本当かどうか、何とも言えませんが。。。)

 

 

シャイニング [Blu-ray]