TRAINSPOTTING

1996年
監督:ダニー ボイル
製作:アンドリュー マクドナルド
脚本:ジョン ホッジ
原作:アーヴィン ウェルシュ

おこがま採点:80点

あらすじ↓

人生で何を選ぶ??

出世 家族 大型テレビ 洗濯機 車 CDプレイヤー 健康 低コレステロール 保険 
固定金利の住宅ローン マイホーム 友達 レジャーウェア ローンで買う高級なスーツとベスト 
単なる暇潰しの日曜大工 下らないクイズ番組 ジャンクフード 腐った体をさらすだけの惨めな老後 
出来そこないのガキにも疎まれる将来 

それが豊かな人生

しかし、EWAN MCGREGOR演じるレントンはそんな人生に興味が無く、ひたすらドラッグに溺れる日々。

彼はドラッグの快楽さえあれば何も要らないとまで考える堕ちた青年。

そんなレントンは氣の合う仲間と共にドラッグや悪事に染まる日々を送ります。

ドラッグを手に入れる為には恐喝に加わったり、病院の処方箋で得た薬を横流ししたり、
万引きして換金したりとドラッグの快楽の為、悪事を繰り返していきます。

そんなレントンも万引きの現行犯でEWEN BREMNER演じる薬中仲間のスパッドと二人、
警察に捕まってしまいます。

レントンはドラッグから離脱する為のリハビリ中という事で、執行猶予を与えられ何とか実刑は免れますが、スパッドの方は禁固刑を言い渡されてしまいます。

そんな状況になってもレントンは薬を止めず、遂には病院に運ばれて……

どうも皆様、御久し振りです。

このところ映画を観れていなかったので、久しぶりの更新になりますが、良かったら最後まで御付き合い下さい。

さて、今日観たTRAINSPOTTING、正直なところ内容はこれといって無い映画でしたが、ストーリ展開と音楽、
エンディングの締め方等、中身は無くとも魅せる映画という感じ(^◇^)v

洋楽詳しくないのですが、イギー ポップやアンダーワールド、更には電気グルーヴを思わせるテクノ調の曲を使い、
要所要所の曲とのイメージをしっかり捉えた構成だったので、
音楽と映像のマッチングが凄く良かったと私は感じました。

悪友のハメ撮りビデオをサッカーのパッケージに入れ替えて拝借するレントン。
(このシーンを観ていて、一昔前にロンブーの淳が恋人とのハメ撮りビデオを週刊誌にスッパ抜かれていた事を
思い出しました(;´Д`))

そのビデオをキッカケに自分も薬以上の情熱を恋愛&セックスに傾けようと決意するのですが、結局は。。。

更に、そのビデオの件が原因で恋人と別れてしまう悪友。

兎にも角にも、どうしようもない程、堕ちに堕ちた若者達が織りなす青春?MOVIE??

90分と短い尺の中で、ドラッグというテーマからあまりぶれる事無く、そしてスカッとするエンディングへの展開。

内容が無い展開に時間を無駄にした、という想いを持つ方もいる映画かもしれないので、
結構観る人を選ぶタイプの作品かも……(´・ε・`)

ドラッグを極めた時の堕ちて行く映像、更にはドラッグを抜く為の禁断症状の映像の見せ方等、レントンの心情や幻覚、行動などEWAN MCGREGORは巧く演技し表現していた氣がします(毎度のおこがま発言、恐縮です。。。)

ちなみに、一緒に捕まったスパッド役のEWEN BREMNERって
AVPの写真撮りまくってたあの学者役の方なんですね。(どこかで見た事あると思いきや!!)

そしてEWAN MCGREGORはどうやら、この映画がキッカケで広く認知される様になった、
みたいな事が綴られていました(-^口^-)

ヘアースタイルに関してはジャケットの坊主頭もイケていましたが、
個人的にはSTAR WARSのエピソード1の短髪が彼には似合っていた氣がします(^ヮ^)/

そんな訳で、ドラッグというテーマに特化し、ストレート過ぎる展開に逆にダレてしまう方もいるかもしれませんが、
テクノ系の曲が好きな方なら結構ハマる映画だと思います(´・ω・)y

そういえば、レントンが買い物してきたコンビニの袋が昔のセブンイレブンのロゴだった事に、
時代の流れをシミジミと感じてしまったオガワトリーだったとさ(*´д`)=з

最後に、鋭い方なら未見の方でもブログの内容からどんなオチになるのか想像が付いてしまうかもしれません!!ノ´▽`)ノ

トレインスポッティング DTSスペシャル・エディション 〈初回限定生産〉 [DVD]