TORN APART

2004年
監督:スチュアート アレクサンダー
製作:アルバート J サルザー/マーク バチーノ/ジム グリーン/カート モリッツ
脚本:スチュアート アレクサンダー
原案:スチュアート アレクダンダー

 

おこがま採点:25点

ジャケットタイトル「LIMIT 48」

あらすじ↓

その日誕生日を迎えたTIA CARRERE演じる女医のヴィクトリア ウェスティン。

誕生日と云う事でRICHARD BURGI演じる精神科医で旦那のビル ウェスティン&ZOE GAFFIN演じる幼き娘、
ジョーダンの二人から祝福の嵐を受けていました。

そんな幸せ満点のウェスティン一家の自宅に呼び鈴が響き渡ります。

誰が来たのかを確認しに行く旦那のビル。

いざ玄関を開けてみると、そこに人の影は無く、足元に綺麗にラッピングされたプレゼント箱が置かれているのみ。

夫からの粋なサプライズかと思ったヴィクトリアですが、ビルには身に覚えの無いプレゼントとの事。

いざ箱を開けてみると、中には女性物の腕時計&意味深なメッセージカードが入っていました。

カードには『IT’S TIME TO MAKE YOUR CHOICE,WITH ALL MY LOVE ON YOUR BIRTHDAY.』
(“選択の時が来た、誕生日おめでとう”)と云うメッセージが。

このサプライズを行ったのはヴィクトリアの元旦那と勘違いする現旦那のビル。

険悪な雰囲氣になり、ビルは足早に娘を学校へと送りに出て行って了います。

しかし、この別れを最後にビル&ジョーダンは消息不明になって了います。

呆然自失のヴィクトリアの元に、ヴォイスチェンジャーで声を変えた人物から突然電話が掛かって来た事により……

はい、皆様こんにちは。
立川で予定されているパシフィック リムの上映イベントに漏れて了い、
ちょっとセンチメンタルに陥っているオガワトリーで御座います。

さて、本日鑑賞致しましたTORN APART(LIMIT 48)ですが。。。
一言で言えば“とても惜しい映画”でした!(←今日も相変わらずのおこがま発言ですね(-_-;))

いつもの様にもう少し話を掘り下げますと…

見知らぬ相手から掛かって来た電話。

その電話の主はヴィクトリアに対してこんな脅迫をしてきます。

『2日間の冒険に当選です。受け取るには1を押してください。それでは冒険の始まりです。君の娘と夫は預かっている。
48時間で難しい選択をしろ。命を救えるのはどちらか1人だ。君が選べウェスティン先生』

この脅迫主が一体誰なのか。

自分は何故こんな目に遭わされているのか。

そして夫&娘はどこに拉致されているのか。

こうして他人に相談する事を禁じられたヴィクトリアは、何とか自力で犯人を追い詰めて行こうと行動するのですが…

と云った感じのストーリーで御座います( ̄~ ̄)ξ

井の中の蛙な私は、本作のキャストの面々を全く存じ上げていなかったのですが。。。

超メジャーなキャストが出演していなくとも、話一つで面白くなる映画の典型では!!!?(*・з・)
と、当たり映画を引いた氣満々で鑑賞していた私。

後半迄はつまらなさをそこまで感じる事なく観れていたのですが。

終盤のクライマックスで一氣に冷める&萎えて了いましたね(←やっぱりおこがましいですね)

そのテンションの急降下ポイントになったのはCG効果。。。

起承転結の結の部分、或る建物を舞台に展開し、或る事が起きるのですが…
その際のCG演出がとてもとてもチープなもので…(´;ω;`)
(↑今日のおこがま発言は久々に目に余りますね)

そんな興醒めなCGが無ければ“中々面白い映画だった!!”と個人的には感じられたのに!!!(´;ω;`)

元々氣になったキッカケはジャケットに引かれた訳なのですが…
ジャケットの雰囲氣だけだと、密室を舞台としたサイコスリラー映画の台頭となったSAWを彷彿とさせていた本作。
48時間以内に救いたい人間を選べなんて、絶対SAWを意識している内容だと思いませんか!?Σ(°Д°;)
(↑wiki見ると本作とSAWは同じ年の作品ですね)

話としてのクオリティーはそんなに悪くなかったのにな。。。

せっかく脚本が良いのに、つまらないポイントで冷めてしまった残念な映画でした(´Д⊂)

因みに、CG演出よりかはとても小さな事ですが。
個人的に他に氣になったポイントとしては主演であるティア カレルさんのtoo muchな演技ですかね(*´д`)
多分ティア カレルさんはナチュラルな演技も出来るとは思うのですが、
本作に於いてactingが所々で大袈裟だった氣が。。。
(↑本当に細かい小さな事ですが)

途中で犯人の正体を明かした上での飽きさせない展開作り。

う~~~ん、本当に勿体無い!!!

 

 

リミット48 [レンタル落ち]