THE BEACH

1999年
監督:ダニー ボイル
原作:アレックス ガーランド
撮影:ダリアス コンジ

おこがま採点:69点

LEONARDO DICAPRIO演じる主人公リチャードは刺激を求めてバンコクへと一人やって来た。

バンコクに来たとは云え刺激的な経験を出来ずにいたリチャード。

取り敢えず宿で休む。

この宿でリチャードはROBERT CARLYLE演じる変人ダフィと出会った。

ダフィから“夢の様な楽園ビーチが広がる島”の存在を教えて貰ったリチャード。

翌朝、隣部屋に泊まっていたダフィは不可解にも変死を遂げていた。

更にリチャードの部屋の扉には、一枚の地図が置いてあった

地図に記載されているビーチの事を同じ宿のカップル旅行者にも話してみる。

そしてリチャード&カップル旅行者を含めた3人は、このビーチを目指す事となり……

タイトルが示す通り。
ビーチの美しさは。
迚も素晴らしかったですね!!

只リチャードは永遠に其の島で暮らしたい、と願いましたが。
自分に置き換えて考えてみると。
永住希望は出て来ないっすな。。。

21世紀の便利な日本社会を経験して了ったら。
天国の様に素晴らしい島でも。
魅力を感じないかな~

旅行で短期遊びに行くならまだしも。
結局は。
我が家が一番!

なんだかんだで。
日本こそが。
素晴らしい国だと感じる訳ですよ!
(政治経済は残念ですけど。。。)

地図を遺したダフィにしたって。
俗世から隔離された楽園の縛りに嫌気が差して。
夢のビーチから逃亡してきた様ですからね。

皆が夢見る理想世界も。
其の世界に身を置いたら。
結局は更なる理想郷を求める様になる。

人間の欲に際限は無く。
何かしらの犠牲があるからこそ。
欲に塗れた人間社会は成り立っている。

そんな事を。
本作THE BEACHは。
伝えている様に感じました。

THE BEACHの島では。
二つの勢力により。
上手に住み分けがされていました。

其の均衡を壊すのが。
主人公のリチャードと云う事で。。。

外交にも云えるかもしれませんが。
外からの人間を迎える事は。
時に大きな問題へと発展する。

風刺を孕んだ。
映画で御座いましたね!!

繰り返しになりますが。
やっぱり日本は良い国です。

 

ザ・ビーチ (特別編) [DVD]

↑本作のDICAPRIOさん、体張ってますよ~