オガワトリーのモノガタリー 22

どうも皆様こんにちは。

今日もクズ人間街道まっしぐらのオガワトリーで御座います(ノω・、)

今回はあまり映画とは関係のない内容になるので、興味の無い方はスルーして下さい。。。

では、話は昨日の事になります。

久しぶりに旧友と呑む事になったので、一足先に友人の一人と共に、呑みの開始時間まで東京をブラブラする事に。

私は未だ、話題になっている建物(渋谷ヒカリエ&原宿東急プラザ)を一度も拝んでいなかったので、
話の種を仕入れる氣持ちで見学する事に。

まあ、この件はどうでもいいのですが、呑みが夕方からなので美味い酒を呑む為にも、
私は前々から氣になっていた銭湯に友人と共に向かってみました。

テルマエロマエの流行りもあったし、
酒の為&糞暑い中歩き廻って汗ビタビタの体をリフレッシュっする為にも絶対条件にしていた銭湯。

この日行動を共にした友人とはその銭湯の前をよく通るのですが、通りかかる時間が悪いのか、
よく閉まっているんです(´Д⊂

しかし、昨日は違いました!!!

暖簾が掛かり、中からは先に入っているであろう入浴客の声もするので、私達も早速お湯を頂く事に。

因みにその銭湯はこちら↓

 

入ってみると、ディ・モールト ディ・モールト、レトロな店内(^◇^)v

こちらの銭湯は手ぶらの方達用に入浴セットが用意されて居り、私達は銭湯に入るプランを立てているにも関わらず、何も準備して来なかったので、入浴セットを買う事に。

驚きなのが入浴のプライス!!

只入るだけなら450円!!

入浴セットが確か120円か130円だったので、
手ぶらで入りに来ても500円台で入れてしまうという何とも驚きのプライスノ´▽`)ノ

辺鄙な場所とはいえ、構えている土地は腐っても渋谷区内。

土地に関わる税金や維持費、運営していく労力も結構かかるであろうに、それでもその安さに驚いてしまいました( ゚д゚)

いや~~~、平たい顔族の心意氣には感動してしまいますね(私も平たい顔族ですが(o^冖^o))

最近よく見かける露天温泉スパみたいな所だったら、
この鶴の湯の倍はかかるであろう入浴料なのに、質は全然違えど、
それでもこの場所で1コインでおつりが来る値段で風呂に入れるというのはとても貴重だと思います\(^^)/

しかも、脱衣所含めた店内はテルマエロマエの描写まんまでちょっとにやけてしまいました(。・∀・)

しかもしかも、この銭湯、珍しい事に壁画が富士山ではないのです。

一緒に入った友人も、そこは珍しく感じたらしく、この意見を彼も語っていましたからね。

因みに湯加減は結構熱めのお湯だったので、江戸っ子な方にはマッチする銭湯だと思います。

お湯の熱さに友人は早々に出てしまい、私もそう永く入っていられませんでしたからね…

湯船を出て脱衣所に退散した私達二人の体は赤い色味を帯びていたので、
それだけでも私達にとっては相当に熱いお湯だった事が伺えました(・ω・`lll)

美味い酒を呑む為立ち寄った銭湯でしたが、テルマエロマエの世界観を少しは味わう事が出来ましたし、
何より相当久しぶりに銭湯に入りましたが、やっぱり良いものですね!!

テルマエロマエの劇場版を未だ鑑賞していませんが、銭湯に入ってしまった身としては、
氣になる映画になってしまいました(-^口^-)

多分ブルーレイやDVDで観てしまうと思いますが、カミさんがテルマエロマエの原作を持っているので、
先にそちらを読んでみようと思います(^ヮ^)/

機会があればまた立ち寄りたい銭湯でした。

頑張れ鶴の湯!!!

 

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)