オガワトリーのモノガタリー 12

荒木 飛呂彦さんが。
ホラー映画について本を書き下ろしたという情報をキャッチした為。
我等がアマゾンにて注文したら。
早速今日届いていました\(^^)/

一部情報によると。
書店では売り切れが相次いでいる様で。
手に入り難いという声も上がっているらしいのですが。。。

読まなくてはならない本が。
汗牛充棟の為。
この本を読むのが。
いつの事になるのか分かりませんが。。。

取り敢えず手に入れられた事を。
満足している。
おがわとりーです!!

書籍や円盤等。
初版や初回に拘る性質故。
初版ではなかったらどうしようと。
ヒヤヒヤして了いましたが。

流石、天下のアマゾンさん!!

そこに痺れる憧れるゥゥゥゥゥゥ、と。
思わず叫んでしまう迅速な仕事ぶりに。
改めて私の中で。
アマゾンさんに対する信頼度が。
とってもおいしい。。。じゃなかった。
とっても上がりました!

まだ目次にしか目を通していませんが。
何氣に。。。
この作品について綴るの!!?
と云う映画が結構あった故。
興味ある方は是非、御手に取ってみて下さい。

私としては。
RECについても綴っている為。
RECが凄く氣になります!!
過去ログで私も感想述べているので興味がある方はどうぞ

このREC。
続きものらしく。
1作で完結している訳では無い為。
機会があれば2も観てみたいところなのですが。。。

1だけでもまあ楽しめますが。
事態がどう収束したのか。
問題は全部クリアーされたのか。
1だけでは数多くの謎が残っている映画でしたからね……

系統で言うと。
CLOVERFIELDみたいな。
映画ですかね。。。

ハプニングだけを。
ガッツリ取り上げて。
話のオチを明かさない。

故に。
観た後で。
可なりモヤモヤ感が。
私は残った映画で御座いました。

この本の読破をキッカケに。
荒木 飛呂彦さんの考え方や。
感想を取り込んだ上で。
書籍に綴られた映画を観直してみるのも面白いかも知れませんね!

あ~、早く読まねば!!

映画全く観ない癖に。
荒木 飛呂彦さんの作品と云う事で。
興味津々のカミさんが。
先に本作を読破しそうな勢いです。。。

それにしても。
この岸部 露伴の帯。
可なり、そそられますね!!

荒木 飛呂彦さんには。
アウターゾーン宜しくで。
「岸部 露伴は動かない」を。
ショート完結物として連載して欲しい!!
と、一読者な私は思うのですが。。。

岸部 露伴は動かないも。
今のところ2つの御話が。
読み切りで載りましたが。。。

どちらも面白かったですね!(2本で合ってますよね???(・ω・`lll))

私も岸部 露伴は。
大好きなキャラです!!(o^冖^o)

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)