オガワトリーのモノガタリー 24

どうも皆様こんばんは。

映画マニア、映画オタクと云うほどは映画を観ていない野郎のブログへ、ようこそおいで下さいました。。。

さて、今回は久しぶりに映画作品をおこがましく採点しないモノガタリーネタを綴ろうかと思います。

とは言っても、
元ネタはギガジンに挙がっていたスタンリー キューブリックの一点透視法についての話なのですけどね(;^ω^A

自慢じゃないですが、人より著しく空間把握能力が弱い私オガワトリー。

数学でも、立方体の断面図はどのような形になる?的な問題も、
しっかり理解出来ぬままおっさんになってしまいました(ノω・、)

そんな訳で、リンクさせて頂いたギガジンに挙がったキューブリック作品はことごとく観ているのに、
キューブリック映画がここまで一点透視法を駆使しているなんて全く氣が付きませんでした(´;ェ;`)

同じ映画を観ているはずなのに、こういった映像法にさっと氣付く人がいるなんて…

どんだけ~~~~~、洞察力の鋭い人なのだろうと尊敬してしまいますね!
(私が只奴僕で鈍感なだけなのかもしれませんが(*´д`)=з)

改めてこういう映画ネタを、パース交えてupして頂けるのは、
空間把握能力の欠如した一映画愛好家としては嬉しい限りで御座います\(^^)/

こういった面白映画ネタを知ると、
知らない人間には得意氣に語り、知っている人間には酒の肴として大いに盛り上がりたいな、
と思ってしまいます(^◇^)v
(前者の発言には、クズ人間丸出し根性が表れていますね(゚д゚))

と、まあ今回のモノガタリーはそんなキューブリック映画ネタを拝借した内容でお届けさせて頂きました。

ここから私事を少し綴ると、カミさんが絵に関する仕事をしているので、
キューブリック作品云々は詳しく知らないにしろ、こういったネタには結構興味をそそられるみたいです。

で、私と一緒に今回の記事を見ていて、色々と一点透視法に関する話を教えてくれた時に、
話題はマウリッツ コルネリス エッシャーの絵へと移ったのですが…

空間把握能力の弱い私は、未だにエッシャーのこの絵↓の不思議さにピンと来ないんです(´;ω;`)

 

 

だまし絵展や、今回のキューブリックの一点透視法についての時など、
絵に関する話題で頻繁にエッシャーの絵の話をするのですが。。。

何度カミさんから説明を受けても、理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能理解不能
(ジョジョのシゲチーで置換して下さい(o^冖^o))

あー、どうやったら空間把握能力を鍛える事が出来るのでしょうか…

電車でぶくぶく頭やわらか体操の問題として出題された立方体の切り口についても、
全く答えられなかった位、極端に弱い分野なんです(ノ・ω・)ノ

そんな私が、キューブリック作品の一点透視法に氣付けるなんて、
今回の記事のおかげとしか言い様がありません(-^口^-)

こういった事を知った上で、改めてキューブリック作品を観たいと思ってしまうのは私だけしょうかね。

 

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

↑キューブリック作品は色々ありますが、個人的には時計じかけのオレンジが好き……

かな。。。