オガワトリーのモノガタリー 02

随分、間が空いてしまいましたが、久しぶりに綴ろうと思います(´・ω・)y

先日カミさんの上司の方と「2001年宇宙の旅」の話になりました。

翌日、カミさん&上司×2人の3人で改めて2001年宇宙の旅の話をしたらしく…

その時の話題が作品中のコンピューター「HAL」についてでした。

私は全くこのHALの名前の由来を知らなかったのですが、そのネーミングにもちゃんと理由があったらしいです。

元ネタはIBMから来ているそうですが、どこがどうIBMとHALが繋がっているのか、
読者の皆様には分かりますかね??(=°ω°)ノ

答えを知らずに、この由来の事を今知り、そしてこの二つの関係性についてすぐにピンと来た方は、
かなり鋭いですね(。・∀・)y

(ちなみに私はカミさんに直ぐに答えを聞いてしまいましたが…(T▽T))

何故にIBMがフィーチャーされたのかを聞いてみると、この映画の製作当時、
パソコン業界はIBMが牛耳っている様な時代だったらしく、そんなトップ企業のリスペクトも兼ねて、
このHALというネーミングにしたらしいです(事実かどうか、本当のところは分かりませんが…)

ま、答えを知らない方はちょっとした頭の体操だと思って、少し考えてみて下さい(*゜▽゜*)

ヒントはどちらも3文字という点ですかね。。。

さ~~、みんなで考えよう!!(ネタが古い上に歳がばれますねΣ(°Д°;)

あ、ちなみにカミさんの上司のIさん、先日は御馳走様でした。

それと、この話題の中でスタンリー キューブリック作品は当たり外れがありまよね、と語りましたが、
ぶっちゃけると“私は”9割方スタンリー キューブリック作品は外れだと思っています(*´ω`)

スタンリー キューブリックを理解している人間ぶって申し訳御座いませんヽ(゚∀゚ )ノ

だってこの映画、出だしがいきなりエネ〇リ君みたいなサル目の哺乳類が
「ウキーウキー!!」やるだけで尺が進んで行くのですから、その時点で外れフラグでしょう…(´;ω;`)

“私は”この映画の良さがちょっと理解出来ませんでした。。。(HALの件は熱かったですけどね(^◇^)v)

 

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]