TREMORS

1989年
監督:ロン アンダーウッド
脚本:ブレント マドック/S S ウィルソン
原案:ブレント マドック/S S ウィルソン/ロン アンダーウッド
製作:ブレント マドック/S S ウィルソン
製作総指揮:ゲイル アン ハード

 

おこがま採点:59点

果てしない荒野の中にポツンと存在するパーフェクション市。

人口は僅か14人しかいない。

そんな小さな市に於いて、バル(KEVIN BACON)とアール(FRED WARD)は何でも屋として働いていた。

日々の仕事に辟易する二人。

この日は、牛が逃げない様に有刺鉄線の柵を打ち込む仕事をこなしていた。

一段落し、車に乗りパーフェクション市へと帰るバルとアール。

途中、荒野の真ん中で停車中の車を発見する。

車を注視すると、ドライバーが女である事に氣付く。

バルは直ぐにハンドルを切り、女の方へと近付いて行く。

「ブロンドの長い髪、グリーンの瞳、超デカパイ、尻はムッチリ、すらりと伸びた足!」
と叫び乍ら意氣揚々とアクセルを踏むバル。

併し其処にいたのは、バルの理想と程遠い女性だった。

仕方なく停車した二人に対し、女性はロンダ レベック(FINN CARTER)と名乗って近づいて来た。

『地震の研究をしているのだ』と二人に語るロンダ。

そして彼女は奇妙な話題を茲で出した。

「実は妙な振動が表れてね。測り始めて3年になるけど、こんなの初体験よ」

ロンダの話を聞き終えパーフェクション市に戻るバルとアール。

この何氣ないロンダの話が後の悲劇へと繋がっていくのだった……