Archive: 4月, 2018

ARTIFICIAL INTELLIGENCE

2001年
監督:スティーヴン スピルバーグ
脚本:イアン ワトソン/スティーヴン スピルバーグ
原案:スタンリー クーブリック
原作:ブライアン オールディス
製作:スティーヴン スピルバーグ/キャスリーン ケネディ/ボニー カーティス
製作総指揮:ヤン ハーラン/ウォルター パークス
音楽:ジョン ウィリアムズ

 

おこがま採点:76点

“地球の温暖化で極地の氷山は解け果て、海は水位を上げて海面上の都市をのみ込んだ。

アムステルダム、ベニス、ニューヨーク。

すべて沈んだ。

さまよう数千万の人々。

激しい気象の変化。

貧しい国々を襲った深刻な飢餓。

その中で繁栄を保った先進国の政府は妊娠に許可制度を設けた。

従って一度造れば、腹も減らさず資源を消費しないロボットが社会経済を成り立たせるために不可欠となった。”

The Gift

2000年
監督:サム ライミ
脚本:ビリー ボブ ソーントン/トム エッパーソン
製作:ジェームズ ジャックス/トム ローゼンバーグ/ロバート G タパート
製作総指揮:ショーン ダニエル/グレゴリー グッドマン/ゲイリー ルチェッシ/テッド タネンバウム

 

おこがま採点:79点

主人公のアニー ウィルソン(CATE BLANCHETT)は3人の子供を持つ母親だ。

夫は不幸な事故により他界した為、アニーは教育ママとしてヤンチャな子供達の面倒を懸命に見ていた。

そんな彼女は不思議な力を持っていた。

其れは、断片的に人の運命が視える力だった。

平素はサイキックカードを通して人々の運命を占うアニー。

彼女の占いはズバズバと当たり、占い御礼として生活の援助を受けていた。

そしてアニーの超能力(ギフト)が機縁となって、或る事件は解決されるのだが……

オガワトリーのモノガタリー 80


中村 佑介さんが描く。
ロッテさんのチョコパイおとぎ話シリーズ。

新しいデザインがリリースされていた為。
久しぶりに、チョコパイを話題にして。
モノガタって行こうと思います。

DARK PLACES

2015年
監督:ジル パケ=ブランネール
脚本:ジル パケ=ブランネール
原作:ギリアン フリン

 

おこがま採点:74点

『ダーク・プレイス』

“性格がゆがんでる私。

確かなことよ。デイ家の特徴ね。

どこかが壊れてる。

8歳で家族が殺され、突然有名に。

カンザス一家惨殺事件の遺児。

寄付金が寄せられ働かずにすんだ。

毎日が日曜日よ”