Archive: 2018

VENOM

2018年
監督:ルーベン フライシャー
脚本:スコット ローゼンバーグ/ジェフ ピンクナー/ケリー マーセル/ウィル ビール
原作:デイヴィッド ミッチェリニー/トッド マクファーレン
製作:アヴィ アラッド/マット トルマック/エイミー パスカル

 

おこがま採点:82点


最先端企業“ライフ財団”のCEOカールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)は、環境破壊のためにいずれ人類は滅びると信じており、生存のためにあらゆる手段をとるつもりでいた。彼は居住可能な惑星を探すため宇宙へ探査船を向かわせる。その旅の途中で発見された彗星から、探査船は奇妙な“サンプル”を採取した。だが、移送の途中で探査船は墜落させられてしまう。その“サンプル”とは、絶大なパワーを持つ謎の地球外生命体だったのだ。何らかの企みを秘めて、地球外生命体は一路、ライフ財団本社のあるサンフランシスコへと向かう。

一方、サンフランシスコでは、正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)がライフ財団の取材を行っていた。彼は弁護士である恋人アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)のパソコンを盗み見て、「ライフ財団が人体実験で死者を出している」という情報を入手していたのだ。エディはその真相を追及すべく、ドレイクを直撃。しかし、取材は中断され、その無謀な取材によりエディは会社をクビになってしまった。この騒動に巻き込まれて同じくクビになってしまったアンからも別れを告げられ、エディは職も、住居も、愛も、何もかも失ってしまう。

だが、エディが掴んだライフ財団の情報は真実だった。ライフ財団は、秘密裏に回収した三体の地球外生命体の生態を知るために実験を繰り返していた。“シンビオート”と名付けられたこの生命体と人体の融合実験は何人もの死者を出していたのだ。この非人道的な実験におののいたライフ財団の科学者ドーラ・スカース(ジェニー・スレイト)はドレイクに隠れてエディに接触し「真実の報道をしてほしい」と懇願する。エディは「俺には関係ない」と一旦は断るものの、持ち前の正義感を発揮してドーラに手を貸すことを決意。ライフ財団の研究所にドーラと共に侵入し調査をするが、そこで人体実験の被験者との接触によりシンビオートに寄生されてしまう。

(パンフレットより引用・抜粋)

TREMORS

1989年
監督:ロン アンダーウッド
脚本:ブレント マドック/S S ウィルソン
原案:ブレント マドック/S S ウィルソン/ロン アンダーウッド
製作:ブレント マドック/S S ウィルソン
製作総指揮:ゲイル アン ハード

 

おこがま採点:59点

果てしない荒野の中にポツンと存在するパーフェクション市。

人口は僅か14人しかいない。

そんな小さな市に於いて、
バル(KEVIN BACON)とアール(FRED WARD)は何でも屋として働いていた。

日々の仕事に辟易する二人。

この日は、牛が逃げない様に有刺鉄線の柵を打ち込む仕事をこなしていた。

一段落し、車に乗りパーフェクション市へと帰るバルとアール。

途中、荒野の真ん中で停車中の車を発見する。

車を注視すると、ドライバーが女である事に氣付く。

バルは直ぐにハンドルを切り、女の方へと近付いて行く。

「ブロンドの長い髪、グリーンの瞳、超デカパイ、尻はムッチリ、すらりと伸びた足!」
と叫び乍ら意氣揚々とアクセルを踏むバル。

併し其処にいたのは、バルの理想と程遠い女性だった。

仕方なく停車した二人に対し、女性はロンダ レベック(FINN CARTER)と名乗って近づいて来た。

『地震の研究をしているのだ』と二人に語るロンダ。

そして彼女は奇妙な話題を茲で出した。

「実は妙な振動が表れてね。測り始めて3年になるけど、こんなの初体験よ」

ロンダの話を聞き終えパーフェクション市に戻るバルとアール。

この何氣ないロンダの話が後の悲劇へと繋がっていくのだった……

オガワトリーのモノガタリー 84


私の稚拙な映画ブログへと御越し頂いた皆様。
どうも御久し振りで御座います。

プレステ4ソフトである。
SPIDER-MANに。
どっぷり嵌まって了った事で。
映画を観れていないオガワトリーで御座います。

そんな近況から。
来し方、劇場鑑賞をしたTHE AMAZING SPIDER-MANを絡めて。
今回はモノガタっていきます。
(昔のブログは今より更に稚拙だな。。。)←後で修正しよう( ̄~ ̄)ξ

THE PREDATOR

2018年
監督:シェーン ブラック
脚本:フレッド デッカー/シェーン ブラック
原案:ジム トーマス/ジョン トーマス
製作:ジョン デイヴィス/ローレンス ゴードン/ジョエル シルバー

 

おこがま採点:45点


元特殊部隊の隊員で現在は傭兵のクイン・マッケナ(ボイド・ホルブルック)が、メキシコのジャングルに墜落した宇宙船を目撃した。その船に乗っていた地球外生命体のマスクと装置を回収したクインは、それを別れた妻と幼い息子ローリー(ジェイコブ・トレンブレイ)の自宅に送り、自らもアメリカへ帰国する。

クインが遭遇したエイリアンの正体は、銀河を駆けめぐって狩猟を繰り返している知的で獰猛な戦闘種族プレデターだった。プレデターが過去に何度も獲物を求めて地球にやってきた事実を隠蔽しようとする政府の極秘機関は、メキシコで捕獲したプレデターをラボに収容し、進化生物学者のブラケット博士(オリヴィア・マン)に助言を求めるとともに、口封じのためにクインを拘束する。しかしその頃、天才的な頭脳を持つローリーがクインから届いた荷物を開封し、プレデターの言語を解読して装置を起動させてしまい、想定外の非常事態が勃発する。

(パンフレットより一部引用・抜粋)

GREEN LANTERN

2011年
監督:マーティン キャンベル
脚本:グレッグ バーランティ/マイケル グリーン/マーク グッゲンハイム/
マイケル ゴールデンバーグ

原案:グレッグ バーランティ/マイケル グリーン/マーク グッゲンハイム
製作:グレッグ バーランティ/ドナルド デ ライン
製作総指揮:ハーブ ゲインズ/アンドリュー ハース

 

おこがま採点:22点

数十億年前、不死の種族が宇宙最強の力を手に入れた。

グリーンの意志の力だ。

彼らは宇宙の守護者(ガーディアン)であり宇宙を監視する拠点を惑星オアに築いた。

そして全銀河を3600のセクターに分割。

グリーンの力を帯びたリングが各セクターでメンバーを選ぶ。

リングに選ばれるのは恐れを知らぬ者だけ。

選ばれた3600人が宇宙の平和維持軍となる。

その名は“グリーン・ランタン部隊(コア)”

最大の敵は恐怖の化身“パララックス”。

伝説の戦士、アビン・サーはこの宿敵を捕え荒野の惑星ライウットに閉じ込めた。

1 / 912345...最後 »