Archive: 11月, 2017

オガワトリーのモノガタリー 71


Fate/stay nightの中で。
チョコエッグを食べ乍ら。
STAR WARS EPISODE 8公開を静かに待つ所存と書きましたが。。。

MAN OF STEEL

2013年
監督:ザック スナイダー
脚本:デヴィッド サミュエル ゴイヤー
原案:デヴィッド サミュエル ゴイヤー/クリストファー ノーラン
原作:DCコミックス

 

おこがま採点:65点

地球から遠く離れたクリプトン星。

其の惑星で、一人の嬰児が誕生した。

只この瞬間も、クリプトン星は地殻崩壊により滅亡の危機に瀕していた。

嬰児の父親であるジョー=エル(RUSSELL CROWE)は、
「星の寿命はあと数週間しかない」と元老院に進言する。

では、どうするべきだ!?と元老院に問われるジョー。

“祖先の様に宇宙に目を向けるべきだ!我々の居住に適した星がきっとある!!”と、ジョーは提案する。

だが全てのクリプトン人が脱出するには疾うに手遅れだった。

茲でジョーは「クリプトン人の遺伝子情報が詰まったデータ“コデックス”を託してくれ」
と元老院に願い求めた。

ジョーの口上が熱を帯びて来たところで卒然、後方で激しい爆発が起こり……

THE GRUDGE

2004年
監督:清水 崇
脚本:スティーヴン サスコ
製作:ロバート G タパート/一瀬 隆重
音楽:クリストファー ヤング

 

おこがま採点:35点

『THE JUON/呪怨』

WHEN SOMEONE DIES IN THE GRIP OF A POWERFUL RAGE…
A CURSE IS BORN.
人が強い怨念を抱いて死んだ時、呪いが生まれる。

THE CURSE GATHERS IN THAT PLACE OF DEATH.
呪いは死に場所に積み重なり。

THOSE WHO ENCOUNTER IT WILL BE CONSUMED BY ITS FURY.
そこに触れた者は呪いに取り憑かれる。

Fate/stay night【Heaven’s Feel】

2017年
監督:須藤 友徳
原作:奈須 きのこ/TYPE-MOON
脚本:桧山 彬(ufotable)
キャラクター原案:武内 崇

 

おこがま採点:56点

『第一章 presage flower』


静かな夏の日、少女が少年の家の扉を叩いたとき、ゆるやかに物語が動き始める。

前回の「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まる。
「聖杯」を求める魔術師〈マスター〉たちは、英霊〈サーヴァント〉を密かに召喚し、戦いに臨む。
前回の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎もまた〈サーヴァント〉セイバーを召喚し、その渦中に巻き込まれていく。

士郎のそばには、彼を慕う少女―――間桐桜がいた。

一年半前、怪我の士郎を見舞うために衛宮邸に訪れた桜は、いつしか士郎のもとに毎日通うようになっていた。
天涯孤独だった士郎とひとりぼっちの桜は、お互いにかけがえのない関係性を結びつつあった。

桜を守るために、士郎は〈マスター〉の遠坂凛と手を結ぶと、セイバーとともに戦いに身を投じる。

「聖杯戦争」―――その戦いはいつしか人々の願いと欲望によって呪われ、歪んでいく。

(パンフレットより引用・抜粋)

IT

2017年
監督:アンディ ムスキエティ
脚本:チェイス パーマー/ゲイリー ドーベルマン/キャリー フクナガ
原作:スティーブン キング
製作:ロイ リー/ダン リン/セス グレアム=スミス/デヴィッド カッツェンバーグ

 

おこがま採点:67点


一見、平和で静かな田舎町デリーを恐怖が覆い尽くす。子供の失踪事件が多発していたのだ。内気な少年ビル(ジェイデン・リーバハー)の弟ジョージ(ジャクソン・ロバート・スコット)も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、行方不明の弟を案じるビルの前に、“それ”は突然現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。

しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子供たちも“それ”に遭遇していた。自宅の地下室、バスルーム、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じるたびに“それ”は、どこにでも現れる。神出鬼没、変幻自在の“それ”からは決して逃れられない……。

ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意。“それ”の正体とは何か?その目的は?消えた子供たちはどこに行ったのか?真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた……。

(パンフレットより引用・抜粋)