Archive: 9月, 2015

Dressed to Kill

1980年
監督:ブライアン デ パルマ
脚本:ブライアン デ パルマ
製作:ジョージ リットー

 

おこがま採点:80点

「殺しのドレス」

ANGIE DICKINSON演じるケイト ミラーは家庭生活にストレスを感じていた。

FRED WEBER演じる夫のマイクとはセックスの相性に不満を抱え。

KEITH GORDON演じる息子のピーターは家族との時間よりも、自分の時間に没頭する事に不満を抱えていたケイト。

そんなストレスからケイトはMICHAEL CAINE演じるエリオット博士のカウンセリングを受けていた。

この日もケイトはエリオット博士に自分の胸の内を素直に告白し。

カウンセリングを終えた後は予定していた美術館へと足を運んだ。

その美術館で、ケイトは一人の見知らぬ男と出会って了った事により……

UNFAITHFUL

2002年
監督:エイドリアン ライン
脚本:アルヴィン サージェント/ウィリアム ブロイルズ Jr
製作:エイドリアン ライン/G マック ブラウン
製作総指揮:ローレンス スティーヴン メイヤース/アーノン ミルチャン/
ピエール リシャール ミラー

 

おこがま採点:90点

「運命の女」

DIANE LANE演じるコニー サムナーはRICHARD GERE演じる夫のエドワード サムナーと幸せな生活を送っていた。

サムナー夫妻にはERIK PER SULLIVAN演じる一人息子、チャーリーもいて不満など
何一つ無いはずだった。

そんなサムナー家の歯車が或る出来事から狂い出す。

突風が吹き荒ぶ其の日。

息子が9歳のバースデーを迎えると云う事で、誕生日プレゼントや飾り付け等を買いに街へ来たコニー。

買い物を終え両手にビニール袋を持ち家路を急ぐのだが、風が強過ぎて思う様に歩けない。

台風並みの強風の中、タクシーを拾おうとするも全く捕まらない。

更に、強風に煽られたコニーは転んで膝を擦りむいて了う。

その後も風に翻弄され続けたコニーは、其処で10冊位の本を抱えた男と衝突する。

OLIVIER MARTINEZ演じる其の男、ポール マーテルはコニーとの衝突で本を路上にぶちまける。

本は散らばるし、コニーの荷物も風に飛ばされるし、と散々な目に遭う二人。

ポールにも協力して貰い何とかタクシーを拾おうとするも悉くスルー。

そしてコニーの膝の怪我に氣付いたポールは彼女を自宅に招き、バンドエイドを上げるのだが……

クロユリ団地

2013年
監督:中田 秀夫
脚本:加藤 淳也/三宅 隆太
製作:鳥羽 乾二郎/井坂 正行/寺田 篤/秋元 一考/藤岡 修
製作総指揮:佐藤 直樹/榎本 善紀

 

おこがま採点:30点

前田 敦子演じる二宮 明日香は家族でクロユリ団地と呼ばれる団地エリアに引っ越して来た。

部屋は最上階の402号室だ。

荷解きし、新生活にウキウキする明日香。

そんな折、西田 尚美演じる母親から御隣さんへ引っ越しの挨拶に御菓子を持って行ってと頼まれる。

明日香はあまり氣乗りしなかったが。

仕方なく挨拶に向かう事に。

401号室に住む篠崎さん宅のチャイムを鳴らす明日香。

併し応答は無い。

続いてノックをするも。

やはり応答は無い。

帰ろうと踵を返した瞬間。

篠崎宅のドアが数センチだけ開いた。

ドアは開いたが姿を見せない篠崎さんに不信感を抱く明日香。

取り敢えず声を掛けてみる。

「あの、隣に越して来た二宮で(す)」

自己紹介途中でドアを閉めた篠崎さん。

続けて。

「すみません、御挨拶に伺ったのですけど」

と言うも、もう応答は何も無い。

仕方なく明日香は菓子折りの紙袋をドアノブに掛け、其の場を退散する。

団地を周りを散歩し、家に戻ると。

篠崎宅のドアノブに掛けた菓子折りは無くなっていた。

そして夜。

明日香の部屋隣(篠崎家)から異様な鈍い音が響いて来て……

KICK-ASS

2009年
監督:マシュー ヴォーン
脚本:ジェーン ゴールドマン/マシュー ヴォーン
原作:マーク ミラー/ジョン ロミータ Jr
製作:アダム ボーリング/マシュー ヴォーン/ターキン パック/ブラッド ピット/
デヴィッド リード/クリス サイキエル

製作総指揮:ジェレミー クライナー/スティーヴン マークス/マーク ミラー/ジョン ロミータ Jr

 

おこがま採点:77点

“悪者から我々を守る宇宙の守護者だ。弾丸をつかみ、列車を止める。ビルを飛び越えて空に舞う。
鳥か?飛行機か?昼は郵便配達員。夜は街の守護者。NY市民を悪から守る。犯罪と戦うヒーローたちに世界は守られている。
異次元からの旅人。地球人が及ばぬ特別な能力の持ち主だ”

「なぜ誰もやらなかった?コミックや映画やテレビ番組のように変装して戦うのは孤独な変人だけ?
みんな毎日が楽しいの?こんな空想するのは僕だけかい?正直になろうよ。

誰もがヒーローになりたかったはずだ。

これは僕じゃない。こいつはどっかのイカれた奴だ。
僕が誰か?僕はキックアスだ」

その6ヶ月前……

THE HOUSE WHERE EVIL DWELLS

1982年
監督:ケヴィン コナー
原作:ジェームズ ハーディマン

 

おこがま採点:25点

『ゴースト・イン・京都』

1840年、京都の越畑。

武士の夫の目を盗み、立派な家屋内で逢引する服部まこ演じるおたみ。

逢引の相手は旦那の弟子にあたる男だった。

まったりした時間を過ごし、これから本番と云うタイミングで。

おたみの旦那が帰宅する。

ファック寸前の状況に激昂する旦那。

怒りに身を任せ、おたみと弟子の男を殺し、旦那自身もその場で自害する。

時は経ち20世紀後半。

幼女である娘を連れた3人家族のアメリカ人が来日する。

EDWARD ALBERT演じるテッドの仕事関係で日本に来た3人。

そんな3人が住む家として紹介されたのが。

おたみ達の事件があった築200年以上となる其の古民家だった……