AKIRA

1988年
監督:大友 克洋
脚本:大友 克洋/橋本 以蔵
製作:鈴木 良平/加藤 俊三
音楽:山城 祥二

 

あらすじ↓

1988年7月16日、東京。

突然東京の中心部に光の大爆発が起こり、東京は消し飛んだ。

それから31年後。

第三次世界大戦の後、2019年に東京はネオ東京として成熟かつ混乱に満ち乍も復興を遂げていました。

そんな混沌としたネオ東京を、岩田 光央演じる金田青年は仲間を引き連れバイクで爆走していた。

金田達の目的は敵対する暴走族の制圧。

敵対暴走族『クラウン』のリーダー格とのチキンレースを見事に制した金田青年。

そんなタイミングで警察の取り締まりが始まって了います。

しかしバイクの調子も頃合いになって来た事もあり、金田達は逃走するクラウン一味の掃討を決断します。

激しいバイクチェイスの最中、佐々木 望演じる金田の幼馴染、鉄雄はクラウンの残党に対して深追いを敢行する。

荒れた高速道路を爆走し、残党を鉄パイプで始末する鉄雄君。

「ざまあみろ!!」と去り際に言葉を発した鉄雄の目の前に、神藤 一弘演じる老人の様な姿の少年タカシが突然現れます。

避け切れず、タカシを轢いてしまうその瞬間。

タカシの周りを見えない障壁が多い、ソレに突撃してしまった鉄雄は……