Archive: 1月, 2013

オガワトリーのモノガタリー 29

閉ざされた森こと、BASICの記事で触れた芥川 龍之介氏の短編小説「藪の中」。

あれから氣になって了い、藪の中が載っている地獄変を買って了いました( ̄~ ̄)ξ

で、早速一読してみると。。。

CHERNOBYL HEART

2003年
監督:マリアン デレオ

 

おこがま採点:66点

あらすじ↓

The world’s worst nuclear accident happened on April 26,1986
1986年4月26日、史上最悪の原子力事故が発生した。

An explosion at the Chernobyl nuclear power plant in northern Ukraine sent 190 tons of radioactive uranium and graphite into the air
ウクライナ共和国、チェルノブイルの原発爆発は190トンの放射性ウラニウムと放射性黒鉛を空気中に拡散させた。

600,000 “liquidator”s were conscripted for the clean-up and were exposed to massive doses of radiation
のべ60万人に「リクビダートル」(清掃人)は大量の放射能を浴びた。

Since the accident over 13,000 liquidators have died
事故以来、死亡したリクビダートルの数は13,000人以上。

The people of Chernobyl were exposed to radiation 90 times greater than that from explosion of the atomic bomb at Hiroshima
チェルノブイリ住民は広島原爆の90倍もの放射線を体に受けている。

Over 400,000 people were evacuated
避難民の総数は40万人を超えた。

More than 2,000 villages in the area were demolished
汚染地区内では2,000以上の集落が廃村となった。

None were more affected than the children of Chernobyl
ひときわ大きな放射能被害を受けたのは子供達である……

Les Misérables

2012年
監督:トム フーパー
原作:ヴィクトル ユゴー
脚本:ウィリアム ニコルソン/アラン ブーブリル/クロード ミシェル シェーンベルク/ハーバート クレッツマー
製作:ティム ビーヴァン/エリック フェルナー/デブラ ヘイワード/キャメロン マッキントッシュ
製作総指揮:アンジェラ モリソン/ライザ チェイシン/ニコラス アロット/F リチャード パパス
作詞:ハーバート クレッツマー
作曲:クロード ミシェル シェーンベルク
音楽監督:スティーヴン ブルッカー

 

おこがま採点:70点

あらすじ↓

1815年のフランス。

HUGH JACKMAN演じるジャン バルジャンは妹の子供の為、パンを一つ盗みました。

パン一つを盗んだ罪は彼を19年も服役させ、奴隷に等しい扱いで肉体労働を強いる日々を与えていました。

そして囚人達は一人の警官の命令によって、絶対的に支配されていました。

その命令を下しているのがRUSSELL CROWE演じる独裁警官であるジャベールその人。

そんなジャン バルジャンにも、ようやく仮釈放が告げられます。

しかし、仮釈放の際に交付された身分証となる釈放状により、ジャンはシャバで真っ当な仕事に就く事が出来ませんでした。

更には、パン一つに対して19年もの永きに渡って罪滅ぼしをした彼に対し、危険人物として冷たく当たる一般市民。

餓え&寒さで限界に来ていたジャンを、COLM WILKINSON演じる司教様は温かく、教会の中へと導いてくれました。

そんな司教様に対し、教会内にある金目の物を盗み、逃走するジャン バルジャン。

しかし直ぐに見廻りをしていた警官に捕まり、司教の前に突き出されます。

恩を仇で返すジャンの行動に対して、司教様はジャンが盗んだ物は私があげたのだ、だから彼を解放しなさい、
と信じられない一言を放ちました。

司教様の愛に心打たれたジャンは過去の自分と決別し、今日ここから新しい真人間として生きていく決心をし、
釈放状をその場で破り捨てるのですが……

RED RIDING HOOD

2011年
監督:キャサリン ハードウィック
脚本:デヴィッド レスリー ジョンソン
製作:レオナルド ディカプリオ/ジェニファー デイヴソン キローラン/アレックス メイス/ジム ロウ/
ジュリー ヨーン

製作総指揮:キャサリン ハードウィック/マイケル アイルランド/ジム ロウ
音楽:ブライアン レイツェル
撮影:マンディ ウォーカー
編集:ナンシー リチャードソン/ジュリア ウォン

 

おこがま採点:82点

邦題「赤ずきん」

あらすじ↓

AMANDA SEYFRIED演じるヴァレリーは山奥の小さな村で、両親と姉の4人家族で暮らしていました。

ヴァレリーの村には昔から忌まわしい歴史がありました。

それは、「満月の夜には家畜などの生け贄を捧げないと、村人が狼に殺されてしまう」という恐ろしい歴史。

そんなヴァレリーにはSHILOH FERNANDEZ演じる幼馴染で、恋人とも云える存在の男ピーターがいました。

しかし、ヴァレリーの母親はお金を目当てに、ヴァレリーと他の男との政略結婚を執り行おうとしていました。

好きでもない男と一緒になる事&暗い村の暮らしから逃げたいと思っていたヴァレリー。

ピーターさえいれば何も要らず、今この時、
ピーターと共に逃避行決行!!というタイミングで不吉な鐘の音が響き渡りました。

何が起こったのか、村人達が集まっている所へ行くと、女性が一人殺されたと聞かされるヴァレリー。

しかも殺されたのはヴァレリーの姉であるルーシー。

生け贄を捧げたにも関わらず、村人を殺したという狼の契約違反に対して、憤慨する村人一同。

こうして、狼を狩りに恋人ピーターやヴァレリーの父親含めた村人一同は狼の巣へと向かうのですが……

HOUSE on HAUNTED HILL

1999年
監督:ウィリアム マローン
脚本:ディック ビーブ
製作:ロバート ゼメキス/ジョエル シルバー/ギルバート アドラー/テリー キャッスル
製作総指揮:ダン グラッチオロ/スティーヴ リチャーズ

 

おこがま採点:10点

国内作品名「TATARI」

あらすじ↓

ロサンゼルスの断崖絶壁を望む丘に建つ凶悪犯罪者専用のバナカット精神病院。

しかし、病院とは名ばかりで、院内では院長を始めとしたスタッフ一同の虐待殺人治療が行われていました。

そんなバナカット精神病院、1931年10月11日に患者達の反乱により、院長やドクター&看護師達は殺害され、
更に病院には火まで放たれて了います。

時は経ち現代。

GEOFFREY RUSH演じるスティーヴン プライスは絶叫系ジェットコースターのコーディネートや
アトラクションの恐怖演出家として名を馳せていました。

そんなスティーヴ、FAMKE JANSSEN演じる妻のエブリン プライスとは犬猿の仲。

犬猿の仲乍、エブリンは自身の誕生日パーティーのプランを夫スティーヴンに相談了す。

夫婦関係は冷め、更に性格も自己中な二人。

エブリンが作った招待客リストを破棄した上でスティーブンは、自身が呼びたい人間をピックアップし、
エブリンの誕生日パーティーのメンバーを決めて了います。

そして、例の精神病院を誕生日パーティーの舞台に決めた上に、招待客4人&バナカット精神病院の管理者に対して、
院内で一夜過ごす事が出来たら100万ドルを進呈する、といった催しを計画するスティーヴン。

こうして、過去悲劇のあった病院を舞台に、一同は恐怖体験をする事になるのですが……

1 / 212