Archive: 7月, 2012

GANTZ:PERFECT ANSWER

2011年
監督:佐藤 信介
原作:奥 浩哉
脚本:渡辺 雄介
音楽:川井 憲次
編集:今井 剛

二宮 和也演じる玄野 計は、
地下鉄の線路に落ちた男性を助けようとした結果、轢死する。

列車に轢かれた直後、謎の黒い球体が置かれた部屋に転送され、
その球体から数々の異性人討伐ミッションを与えられる事になる玄野。

一緒に線路の男性を救った友人、松山 ケンイチ演じる加藤 勝も討伐ミッションに加わっていたが、
敢え無く返り討ちにあって了う。

黒い球体からの討伐ボーナスとして、ミッションで死んだ者を生き返らせられる事を知った玄野は、
加藤を蘇らせる為、再び戦場へと転送される事となり……

THE AMAZING SPIDER-MAN

2012年
監督:マーク ウェブ
脚本:ジェームズ ヴァンダービルト
原作:スタン リー/スティーヴ ディッコ(Marvel Comic Book)
製作:ローラ ジスキン/アヴィ アラド/マット トルマック
製作総指揮:スタン リー/ケヴィン フェイグ/マイケル グリロ
衣装デザイン:キム バレット
音楽:ジェームズ ホーナー

おこがま採点:89点

 

ANDREW GARFIELD演じるピーター パーカーは幼少期に諸事情で両親と離別した。

その後は叔父さん夫妻の元で育ったピーター。

ある日、ピーターは自分の父親が所持していた鞄を見つける。

研究で使っていた数式の書かれたデータノートや或る男と写ったツーショットの写真等を発見する。

ピータは父親の事を叔父に聞いてみた。

叔父によると、ピーターの父親はオズコープという会社に勤めていたとの事だった。

オズコープ社ではRHYS IFANS演じるカート コナーズ博士と共に、何やら研究していたピーターの父。

丁度その時、コナーズ博士がオズコープ社内での研修生を募集していた。

ピーターは早速オズコープ社へと出向き、何とかコナーズ博士と出会った。

コナーズ博士は隻腕の男性であり、異種間DNAの人体応用の研究をしていた。

研究目的はコナーズ自身の腕を再生させる為、爬虫類の再生能力を自身に移植するというものだった。

途中、勝手な単独行動でオズコープ社を調べ出したピーター。

関係者以外立ち入り禁止の怪しい部屋へと入って行く。

部屋の中では無数の蜘蛛が不思議な環境下、飼育されていた。

そして部屋にいた一匹の蜘蛛に噛まれて了った事により……

THE USUAL SUSPECTS

1995年
監督:ブライアン シンガー
製作:ブライアン シンガー
脚本:クリストファー マッカリー
音楽:ジョン オットマン

おこがま採点:80点

あらすじ↓

銃を積んだトラックが強奪されてしまったある日のニューヨーク。

運転手は「犯人は見ていないが、声を聞いた」と証言します。

そんなあやふやな証言でもヤマがヤマなので、
疑わしきは罰せよの姿勢で怪しいと思われる前科持ち達を警察はしょっぴいて行きます。

しょっぴかれた前科持ちはどれもアクの強い曲者揃い。

その中の一人に、GABRIEL BYRNE演じる元刑事であり乍、
犯罪に手を染めてしまったディーン キートンがいました。

結局、これといった証拠も無く、更にキートンの恋人が弁護士だった事もあり、
キートン含めた被疑者の5人はとりあえず解放される事に。

ところが、前科持ちの輩が堅氣な仕事をそう簡単に勤められる訳はなく、皆が皆、金に困っていました。

そこで、5人が同じ牢獄に捕らえられている時に、
STEPHEN BALDWIN演じるマクマナスが殺し無しの汚い仕事(強盗)の提案を持ち掛けます。

金が必要な5人は全員その強盗計画に乗るのですが、この最初の仕事がその後、
とても大きな陰謀渦巻く事件へと繋がる事になってしまい……

オガワトリーのモノガタリー 22

どうも皆様こんにちは。

今日もクズ人間街道まっしぐらのオガワトリーで御座います(ノω・、)

今回はあまり映画とは関係のない内容になるので、興味の無い方はスルーして下さい。。。