Archive: 1月, 2012

オガワトリーのモノガタリー 19

 

これも昨日の話。

DON’T BE AFRAID OF THE DARKを観たのが新宿だったので、
バルト9で公開予定のベルセルクのビッグポスターも見てきました。

DON’T BE AFRAID OF THE DARK

2010年
監督:トロイ ニクシー
脚本:ギレルモ デル トロ/マシュー ロビンス
原案:ナイジェル マッキンドー
製作:ギレルモ デル トロ/マーク ジョンソン
製作総指揮:ウィリアム ホーバーグ/スティーヴン ジョーンズ/トム ウィリアムズ

おこがま採点:60点

作品名「ダーク フェアリー」

あらすじ↓

両親の離婚のゴタゴタに巻き込まれ、
厄介者の様な扱いで母親から父親の元へと送られて来たBAILEE MADISON演じるサリー ハースト少女。

そんなサリーはGUY PEARCE演じる父親で建築士でもあるアレックス ハーストが購入&修繕修復した、
郊外に佇むとても大きく、怪しいヴィクトリア調の洋館に住む事になります。

父親のアレックスにはKATIE HOLMES演じる助手兼恋人のキム ラファエルの存在があり、
ますます一人孤立してしまうサリー。

ある時、サリーが敷地内の庭園を散策していると、地下室の天窓を発見します。

天窓の発見から、屋敷内に封印されるかの様に隠してあった地下室への入り口を見つけ下りてみると、
そこはこの洋館の前の持ち主であった自然画家、ブラックウッド画伯の仕事場でした。

埃まみれの地下室を見回すサリーは、ある氣になる場所を見つけます。

そこは暖炉の灰を捨てる為の灰溜まりで、
灰溜まりの中からサリーに対して「友達になろうよ、遊ぼうよ」という声が聞こえ、
声に導かれるままに灰溜まりを堅く塞いでいた鉄板のボルトを外してしまったサリーに……

PUBLIC ENEMIES

2009年
監督:マイケル マン
脚本:ロナン ベネット/マイケル マン/アン ビダーマン
製作:ケヴィン ミッシャー/マイケル マン
製作総指揮:G マック ブラウン
原作:ブライアン バロウ

おこがま採点:65点

あらすじ↓

1933年のアメリカ。

大恐慌は4年めに突入しているにも関わらず
JOHNNY DEPP演じるジョン デリンジャーにとっては銀行強盗の黄金時代でした。

収監中のギャング仲間を脱獄させ乍、ジョン デリンジャー達は銀行強盗を続けました。

そんなジョン達の無法を取り締まる為、
シカゴ支局長の座に就いたCHRISTIAN BALE演じる敏腕捜査官のメルヴィン パーヴィスは、
徐々にジョン達を追い詰めていくのですが……

MISSION:IMPOSSIBLE – GHOST PROTOCOL

2011年
監督:ブラッド バード
脚本:ジョシュ アッペルバウム/アンドレ ネメック
プロデューサー:トム クルーズ/J.J エイブラムス/ブライアン バーク
製作総指揮:ジェフリー チャーノフ/デヴィッド エリソン/ポール シュウェイク

 

おこがま採点:79点

あらすじ↓

TOM CRUISE演じるイーサン ハントが所属する極秘スパイ組織“IMF”はイーサン抜きで、
あるミッションをブタペストで遂行していました。

ミッションの内容は核兵器の発射コードを携えた運び屋から、
発射コードを奪還するというIMFとしては比較的簡単な仕事でした。

ところが、この発射コードをIMF以外の組織も狙っており、簡単な仕事のはずが、謎の組織の存在により、
IMFエージェントは暗殺者に殺害され、コードも奪われてしまいます。

その頃、主人公のイーサン ハントはモスクワの刑務所にて、ある罪により投獄されていました。

そんな状況の中、IMFは新しいミッションをイーサンにこなしてもらう為に、イーサンを脱獄させ、
先の一件のキーパーソンである通称コバルトの正体を暴くミッションを与えます。

超厳重警備下である旧ロシア帝国の宮殿クレムリンに、
コバルトに関するデータが保存されているという事で、
イーサン含めたSIMON PEGG演じるベンジー ダン&PAULA PATTON演じるジェーン カーターの
三人チームはコバルトのデータを消される前にクレムリン宮殿に乗り込んでいくのですが……