Archive: 8月, 2010

KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR

1997年
監督:トーマス ヤーン
脚本:トーマス ヤーン/ティル シュヴァイガー

おこがま採点:66点

この映画はTOKIOの長瀬主演でリメイクされていた氣が…

あらすじ↓

TIL SCHWEIGER演じるマーティンは医者から脳腫瘍と診断され、あと数日の命。

マーチンは同じ病室に来たJAN JOSEF LIEFERS演じるルディとお互いの病氣について話し合います
(ルディは末期の骨肉腫)

マーチンが「天国では皆、海の話をする。海を知らないと話題についていけず、仲間になれない」
という話をルディにし、海を一度も見た事の無いルディは死ぬ前に海が見たいと、
二人は車を盗み、海を目指す事に。

ところが、実はこの車はギャングの車で、ギャングの車を盗んだ事により…

THE FORGOTTEN

2004年
監督:ジョセフ ルーベン
脚本:ジェラルド ディペゴ

おこがま採点:8点

最初のツカミには結構引き込まれたんですけどね(-_-;)

あらすじ↓

JULIANNE MOORE演じるテリーには9歳の一人息子がいました。

しかし、息子は飛行機事故に巻き込まれ亡くなってしまいます。

息子の事が忘れられないテリーは旦那との3ショット写真や息子が映っているビデオテープ等を毎日眺め、感傷に浸る日々を送ります。

ある時ふと気付くと、息子との3ショット写真は消え、
代わりに写真立てには旦那との2ショット写真が飾られていました。

この事をキッカケに旦那は「俺達に子供はいない」と言い、カウンセリングを受けている医者からも、
「あなたは重度の妄想癖だったのです。治ってきたから子供の存在を確認出来なくなってきたのですよ」

と諭されますが、そんな話を信じられないテリーは独自に息子の存在を調べていくうちに…

オガワトリーのモノガタリー 01

ある作家さんの、あのシリーズみたいなタイトルになってしまいましたが、
響きが良いのでこのカテゴリー名で綴らせて頂きます。

毎回毎回、作品のおこがま採点だけするのも味氣無いので、
たまには映画をテーマに独り言やボヤキ、トピックなんかを書いていこうと思います。

THE PRESTIGE

2006年
監督&脚本:クリストファー ノーラン
脚本:ジョナサン ノーラン
製作:エマ トーマス

おこがま採点:77点

HUGH JACKMAN演じるマジシャンのアンジャーと、
CHRISTIAN BALE演じるマジシャンのボーデンはライバルだ。

彼達は互いに切磋琢磨し合い、富と名声を求めていった。

或る時アンジャーの恋人がアクシデントによって命を落とす。

アクシデントには、ライバルのボーデンが関わっていたかも知れない。

ライバルへの疑いに端を発し切磋琢磨という言葉は消え去った。

お互いは骨肉の争いとも云える状況に陥って行く。

そしてアンジャーが披露する最後のマジックショーに、ボーデンが現れる事により……

リアル鬼ごっこ

2007年
監督&脚本:柴田 一成
原作:山田 悠介

おこがま採点:60点

あらすじ↓

雷に打たれて死ぬ佐藤さん。

鉄骨の下敷きになって死ぬ佐藤さん。

いきなり前触れもなく自殺する佐藤さん。

全国の佐藤名字が死んでいくなか、石田 卓也演じる主人公の佐藤ツバサは幼なじみでヤクザの手足として動く大東 俊介演じる佐藤ヒロシに日夜追いかけ回される日々。

ある時、ヒロシに捕まったツバサは仲間にならないと痛い目に遭わす、という脅迫を拒否し、あと一歩でリンチを喰らう瞬間…

1 / 3123