Category: 映画 – L

LET ME IN

2010年
監督:マット リーヴス
脚本:マット リーヴス
原作:ヨン アイヴィデ リンドクヴィスト
製作:サイモン オークス/アレックス ブラナー/ガイ イースト/トビン アーンブラスト/
ドン ジグリオッティ/ジョン ノードリング/カール モリンダー
製作総指揮:ナイジェル シンクレア/ジョン パーク フィリップ/
エルウェイ フレドリック モームバーグ

 

おこがま採点:67点

『モールス』

ニューメキシコ州、ロス アラモス、1983年3月。

雪の降る田舎の林道に、車のヘッドライトの列が流れて来た。

赤色灯が見える事から、3台の車はどうやら緊急車両のようだ。

サイレンの音が闇夜の林道に響き渡る。

前2台のパトカーが救急車を先導している。

「救急班、応答せよ!」

救急車内の患者は激しく暴れている。

服を切り患部を確認する救急隊員に掴み掛かる患者の男。

「暴れないで!!!」と怒鳴りつけるも、患者は依然として興奮状態だ。

「状況を報告しろ」と救急車内に備えられた無線の声は言う。

「50代半ばの男性を保護。体表に9~9.5%のやけど。頭部、頸部、顔面に高濃度の酸を浴びたと思われる。有毒ガスで気道が破壊され、血圧と心拍数は不安定。犯罪に関与の可能性あり。警察の先導で搬送中」

救急隊員が報告を続けている最中も、
ストレッチャーの上では、手錠で繋がれた患者の男が激しく暴れ続けるのであった……

Labyrinth

1986年
監督:ジム ヘンソン
脚本:テリー ジョーンズ
製作:エリック ラトリー
製作総指揮:ジョージ ルーカス
音楽:トレヴァー ジョーンズ

 

おこがま採点:50点

主人公のサラ(JENNIFER CONNELLY)は、どこにでもいるティーンエイジャーの女の子だ。

離婚なのか死別なのか、母親の姿はない。

父親は再婚をし、これも事情は謎なのだが。

サラには、嬰児の弟・トビー(TOBY FROUD)がいた。

自分たちの都合ばかりを押し付けつける父と継母。

この日も「私達は出掛けるから弟の面倒を御願いね!!!」と一方的に言い付けられて了うサラ。

弟の所為で留守番ばかり。

この状況に辟易した彼女は泣きじゃくるトビーに向けて、こんな言葉(呪文)を独り言の様に呟いた。

「お願い、今すぐこの子を連れ去って」

電気を消し、トビーの部屋を後にするサラ。

そして次の瞬間には、トビーの泣き声がピタリと止んで了うのだった……

LEA

2010年
監督:ブルーノ ロラン
脚本:ブルーノ ロラン/アン アズレイ/ジアン シュエブ
製作:ナタリー トラフォード
撮影:ディラン ドイル

 

おこがま採点:10点

『女子大生レア 秘密の仕事』

ANNE AZOULAY演じるレアは大学に通いつつ認知症を患う祖母の面倒を看ていた。

訳あって祖母と二人暮らしのレア。

働けない祖母の生活も賄う為、夜はストリップバーでウエイトレス(服着用)して働いていた。

だがそんな生活に限界が来る。

レアがバーの仕事から帰ると、祖母は家にいなかった。

夜中なのに街を徘徊して了う祖母。

何とか祖母を見つけるも、この状況では身がもたない、と考えたレアは祖母を介護施設に入所させる事に。

介護施設の費用と自分の生活の両立にあたり、ウエイトレスの稼ぎでは無理と悟ったレア。

そしてレア自身もストリップバーの踊り子として働く事を決意し……

LoveLive! The School Idol Movie

2015年
監督:京極 尚彦
脚本:花田 十輝
原案:公野 櫻子
原作:矢立 肇

 

おこがま採点:59点


春、都会の伝統校・国立音ノ木坂学院は、廃校の危機に瀕していた。
そこで2年生の高坂穂乃果をはじめとする9人の女子生徒たちは、音ノ木坂学院の魅力をアピールするために、
スクールアイドルグループ・μ’s(ミューズ)を結成する。

時に悩み、ぶつかりながら、次第に結束していくμ’sメンバーたち。

やがて彼女たちのがんばりによって、廃校は阻止され、
さらに全国のスクールアイドルたちがパフォーマンスを競う夢の祭典「ラブライブ!」第2回大会では、
見事優勝を果たした。

そしてふたたび春。
9人は3年生メンバーの卒業をもってμ’sをおしまいにすることを決めていたが、
卒業直後に届いたひとつの知らせを受けて、μ’sの9人は日本を飛び出すことに!

スクールアイドルとして最後にやれることとは何か。

最高に楽しいライブをするためにμ’sは全力で駆け出す-!

(パンフレットより引用・抜粋)

LA DEBAUCHE OU LES AMOURS BUISSONIERES

1971年
監督:ジャン フランソワ ダヴィ
脚本:ジャン フランソワ ダヴィ
製作:ジャン フランソワ ダヴィ
撮影:フィップ テアオディエール
音楽:ピエール ラフ

 

おこがま採点:20点

邦題『交歓生活』

あらすじ↓

鳴かず飛ばずのカメラマン(ヌード写真メイン)である男と、彼と共に人生を歩む妻。

“貧乏生活はうんざり”と妻が漏らすも、夫婦仲は良好だった。

そんな生活の中、旦那は不倫一歩手前の付き合いをしている女性から“私の別荘へ来ないか”と云う誘いを受ける。

この誘いに乗って了った事により……

1 / 3123