オガワトリーのモノガタリー 69


個人的に。
面白いな!これ!!
と思ったネタを見つけた為。
久し振りにモノガタリーを綴ってみようと思います( ̄~ ̄)ξ

因みに今回は。
上画から想起頂ける通り。
PACIFIC RIMに関してです。
シン・ゴジラのネタを期待していたなら、申し訳御座いません。。。)

GHOSTS OF MARS

2001年
監督:ジョン カーペンター
脚本:ラリー サルキス/ジョン カーペンター
製作:サンディ キング

 

おこがま採点:20点

“西暦2176年、火星。

テラフォーミング達成度84%。

移民人口64万人。

社会、女家長制。

地球の法律を火星警察が執行”

「火星では噂が流れていた。辺境の地から集落へ、町から町へ。
長年、埋もれていた何かが姿を現したのだ。

この不思議な力は南側の谷を移動し、あとには静寂と死だけが残った」

SPLICE

2009年
監督:ヴィンチェンゾ ナタリ
脚本:ヴィンチェンゾ ナタリ/アントワネット テリー ブライアント
原案:ヴィンチェンゾ ナタリ/アントワネット テリー ブライアント/ダグ テイラー
製作:スティーヴ ホーバン
製作総指揮:ギレルモ デル トロ/スーザン モントフォード/ドン マーフィー/クリストフ ランデ/
イヴ シュヴァリエ/
ジョエル シルバー/シドニー デュマ

 

おこがま採点:49点

エルサ「3年に及ぶDNA結合実験の結果、わがチームは新種の発明に成功」

クライヴ「誕生したジンジャーは家畜用医療タンパク質の生産能力を証明しました」

エルサ「そしてフレッド以降、さらに結合技術を進化させ知的生物への利用に成功。それは…人間です」

ウィリアム「待て、先走るな」

クライヴ「人間のDNAを結合させれば多くの遺伝子疾患を治療できる」

エルサ「パーキンソン、アルツハイマー、糖尿病やガンも治せる」

茲でCEO女性が大きく息を吐いた……

DUNKIRK

2017年
監督:クリストファー ノーラン
脚本:クリストファー ノーラン
製作:エマ トーマス/クリストファー ノーラン
製作総指揮:ジェイク マイヤーズ/グレッグ シルバーマン

 

おこがま採点:77点


フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵―――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミーとその仲間ら、若き兵士たち。一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間船の船長ミスター・ドーソンは息子らと共に危険を顧みずダンケルクへ向かう。英空軍のパイロットも、数において形成不利ながら、出撃。こうしてそれぞれが命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たして、トミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は―――。

(パンフレットより引用・抜粋)

ALIEN COVENANT

2017年
監督:リドリー スコット
脚本:ジョン ローガン/ダンテ ハーバー
原案:ジャック パグレン/マイケル グリーン

 

おこがま採点:80点


2104年12月5日。宇宙船コヴェナント号は予期せぬエネルギーバーストの衝撃波を受け、多大な損害を負う。大型植民船として地球を飛び立ったコヴェナント号は移住可能な惑星を求め、15名の乗組員、冷凍ポッドに入った2000人の入植者、1140体分の胎芽を乗せて、目的地の惑星オリエガ6に向かう途中だった。事故を受け、アンドロイドのウォルターとコンピュータ「マザー」は、乗組員をコールドスリープから覚醒させる。だがポッドの開閉装置の故障で船長が窒息死。二人一組で七組のパートナーから構成されていた乗組員のうち、船長と結婚していたダニエルズ(テラフォーミング責任者)だけが一人になってしまう。

(パンフレットより一部引用・抜粋)